このページのソリューションはキーサイトの一事業であるイクシアによって開発されました。詳細を表示すると、イクシアのウェブサイトに転送される場合があります。

新しいソフトウェア定義データセンターで可視性を維持

エンタープライズの場合

仮想化とSDNにより、ネットワーク利用率と俊敏性は飛躍的に伸びます。その一方で、ソフトウェアで定義されるインフラで可視性を実現し、アプリケーションの性能を検証することは困難な作業になります。

弊社のソリューションは、ネットワークレベルでの完全な可視性を実現し、仮想化とSDNの展開のテストを可能にします。SDNを使って広範なネットワークを展開する場合でも、SD-WANを展開する場合でも、現実の環境に即したトラフィックでネットワークをテストすることが大切です。

サービスプロバイダーの場合

仮想化、SDN、NFVの各アーキテクチャーを活用すると、サービスプロバイダーの応答性は比べられないほどスケールアップし、高速化します。その一方で、仮想環境では、アプリケーションの性能を測る可視性を得ることは困難です。

弊社のソリューションは、SDN/NFVアプリケーションが性能に対する期待に応えられるようにします。また、仮想化されたソフトウェア定義ネットワーク全体で、East/Westトラフィックの盲点を除去し、暗号化されたトラフィックをモニターすることも可能です。

ディスアグリゲーションされた可視性の向上

ディスアグリゲーションされたネットワークソリューションにより、オープンスイッチ上でbest-of-breedのネットワーク・オペレーティング・システムを実行できます。このアプローチはソフトウェア定義データセンターでコストパフォーマンスを大幅に向上させることができます。

ネットワーク自体でディスアグリゲーションがうまくいけば、ネットワーク可視化の要件にも適切な場合があります。ネットワークのエッジレイヤーで展開する場合でも、アグリゲーションレイヤーで展開する場合でも、イクシアのVision Edge OSはお客様のデータセンターに可視性、レプリケーション、負荷バランス、ダイナミックフィルタリングを効果的に、かつ手頃なコストで提供します。

ご要望、ご質問はございませんか。