任意波形発生器

限界まで推し進めたデザイン

高精度の任意波形発生による実環境に即したテスト

キーサイトの任意波形発生器(AWG)は忠実度の高い信号源で、高い分解能と広い帯域幅を同時に実現できます。このユニークな組み合わせと柔軟なフォームファクターにより、設計を限界まで押し進め、分析に新しい洞察をもたらす信号シナリオを作成できます。

M8100ファミリーは、困難な状況にも対応可能な、最高120 GSa/sのサンプリングレート(4チャネル同時)を持つ高性能AWGソリューションです。

ビット数と帯域幅の両立により、リアリティーを向上させることができます。

任意波形発生器の利点

電気/電子デバイスまたはシステムのテストには、被試験デバイス(DUT)への適切な入力信号の印加と、印加によって生じる動作の解析が含まれます。実環境の入力信号を使用するケースもありますが、ほとんどの場合、適切な測定システムから一連の信号を供給する必要があります。これらの信号源には、DUTの動作範囲の設定と検証に対応できるよう、さまざまな入力信号を生成する機能が用意されています。

各モジュールを開発プロセスの早い段階で、できるだけ実環境に即した条件でテストいただくことを推奨します。通常、適切な信号の提供は制御が難しいものの、「ゴールデン」デバイスを使用すれば、十分に特性評価され、厳密に制御された状態で信号を提供できるため、早期テストの実現につながります。AWGには任意の信号を発生する能力があるため、顧客ニーズに適合したソリューションの提供が可能です。

任意波形発生器の最も一般的なリソース

キーサイトの絶えず拡大するリソースの選択肢から、測定確度の向上に役立つ製品を探して、優れたデザインの実現につなげてください

ご要望、ご質問はございませんか。