任意波形発生器

最高の科学研究を実現

高精度の任意波形発生による実環境に即したテスト

Keysight M8195 65 GSa/s AWGなどの任意波形発生器は、車載レーダー信号のテストのための広帯域レーダー信号の発生に使用できます。こうした機能を併せ持つほか、柔軟な形状という特性も備えているため、デザインの限界に挑み、新たなレベルの解析が可能な信号シナリオを作成できます。

M8194A 120 GSa/s任意波形発生器(AWG) – このキーサイト最速のAWGは、64 Gボー64QAM(直交振幅変調)とその他の広帯域幅変調方式など難易度の高い波形を生成できる新たなレベルの信号出力性能を実現します。4 GSa/s、5 GSa/sです。

最小の予算で最高の帯域幅と優れたシグナルインテグリティーを実現可能

AWG任意波形発生器

電気/電子デバイスまたはシステムのテストには、被試験デバイス(DUT)への適切な入力信号の印加と、印加によって生じる動作の解析が含まれます。多くの信号は、信号発生器の任意波形メモリにデータのブロックをダウンロードすることで発生できますが、一部のレシーバーテストにはリアルタイムの信号発生が必要です。増幅器または周波数コンバーターの圧縮特性をその動作周波数範囲全体にわたって評価するには、多くの周波数およびパワーポイントでの測定が必要であり、測定、校正、データ処理のセットアップに多くの時間と手間がかかります。測定精度はさまざまな誤差(絶対パワー測定の際のテストポートとパワーセンサ/DUTとの間の不整合、非線形圧縮測定へのリニアSパラメータ誤差補正の使用など)の影響を受けます。

4つの方法すべての中で、これは最も定量性の低いテストですが、最も現実的です。さらに、アンテナのビーム幅が狭くなるので指向性が高くなります。ミリ波信号の10~1 mmという波長は、一見、吸収特性に問題があるように思われますが、それは逆に利点にもなります。さらに今後のテストニーズに備えて、キーサイトのソリューションは、M8195A AWGモジュールが1つの場合は8 GbpsのD-PHY信号を提供し、複数のM8195Aモジュールを同期させた場合は16 GbpsのD-PHY信号を生成できるようにしています。

現在の任意波形発生器の機能を拡張

特長/機能の追加により、現在のAWGをカスタマイズできます。測定器と一緒に購入できる以外に、後から必要に応じて購入することもできます。HP、アジレント、キーサイトと長年にわたりご提供している標準信号発生器は、業界最高のパフォーマンスを備え、テストシステムに不可欠なものとなっています。836xxシリーズからPSG E8257Dに移行することにより、周波数レンジ、出力パワー、位相雑音、周波数安定度、非高調波、変調機能などが大幅に向上し、テストシステムの性能を高めることができます。大幅な信頼性の向上により維持コストが削減でき、以前の製品とのコード互換性により、836xxシリーズ 標準信号発生器の後継機として最適です。

任意波形発生器の最も一般的なリソース

新世代のDMMは、より優れた測定分解能を実現する電流範囲が拡大されており、確度の高い低電流測定が可能になります。

ご要望、ご質問はございませんか。