サプライチェーンの透明性

奴隷および人身売買の撲滅に関する声明

キーサイトは2010年のカリフォルニア州サプライチェーン透明法(California Transparency in Supply Chains Act of 2010、2012年1月1日施行、"カリフォルニア州法(California Act)")と現代奴隷法(Modern Slavery Act 2015、2015年10月29日施行、"英国法(UK Act)")のコンプライアンス遵守に努めています。この奴隷および人身売買の撲滅に関する声明は、キーサイトのビジネスおよびサプライチェーンにおける強制労働に対抗する同社の努力を反映しています。お客様や新たなお客様、株主、従業員に対し、購入する製品とサービス、投資、支援する会社に関してより良く、確かな情報に基づき選択できることを意図しています。

サマリー

キーサイト・テクノロジーズ・インク、並びにキーサイト・テクノロジーUKリミティッド(合わせて「キーサイト」とする)は、同社の妥協なき誠実さ、世界規模での人権促進に取り組み、また同社の従業員、ビジネスパートナー、サプライヤーが行動規範を高水準で維持する方策に誇りを持っております。これには、カリフォルニア州法(California Act)および英国法(UK Act)の双方に遵守する責任も含まれています。

カリフォルニア州法(California Act)は、カリフォルニア州にてビジネスを営むメーカーと小売業者が、直接取引のあるサプライチェーンから奴隷および人身売買の撲滅に対する取り組みに関する情報の開示を義務づけています。同様に、英国法(UK Act)は、英国国内にて物品および/またはサービスを供給する企業が自身の組織および直接取引のあるサプライチェーンから奴隷および人身売買の撲滅の取り組みに関する情報開示を義務づけています。

以下の項にて、カリフォルニア州法(California Act)および英国法(UK Act)の文書と精神に応じ、人権問題に広く対処するキーサイトの取り組みを記載します。

従業員エンゲージメント

キーサイト全ての従業員は、企業のビジネス遂行基準(Standards of Business Conduct:"SBC")に記載された「私たちは当社のグローバルサプライチェーン全体で人権を尊重することに専念し、故意に児童搾取(児童労働を含む)、体罰、強制労働、あるいは人身売買に参画するいかなる個人または企業とも商取引を行いません。私たちは当社の代理として商取引を行う全ての者が、法を遵守し、当社の基準とポリシーに合致して倫理的に活動することを要求します。という宣言を厳守します。

キーサイトの全従業員は行動規範に関するトレーニングを毎年受講し、SBCの遵守を証明します。さらに、キーサイトは調達煮関連する従業員向けに、キーサイトのサプライヤーが奴隷および人身売買の禁止を含むサプライヤー規約を確実に遵守する重要性を強調する特別トレーニングを実施しています。

サプライチェーンエンゲージメント

キーサイトは、同社が直接的取引をするサプライチェーンにおいて、奴隷の使用または人身売買を厳格に禁止する文書化したポリシーを維持しています。これにはキーサイトのサプライヤーの環境および社会的責任に関する行動規範(「サプライヤー行動規範」)、同社の人権および労働ポリシー、ならびにSBCが含まれます。

サプライヤー行動規範は、キーサイトの全てのサプライヤーに対し「奴隷もしくは人身売買の要請、促進、またはこれに関するすべてを含むが、これに限らず適用される労働法、規範および規制を遵守する」ことを義務づけています。サプライヤー行動規範はまたキーサイトのサプライヤーに、強制労働条約第29号(Forced Labour Convention 29)および強制労働廃止の条約第105号(Abolition of Forced Labour Convention 105)条項1を含む、国際労働機関のガイドラインに記述されている強制労働の禁止の遵守を義務づけています。

キーサイトはすべてのサプライヤーに対し、強制労働、奴隷または人身売買を禁じる条項も含め、同社のサプライヤー行動規範の遵守への期待を通達します。キーサイトはさらに、サプライヤーに対しサプライヤー行動規範およびその条項全ての遵守を保証することを義務づけています。

検証

キーサイトはサプライヤー行動規範に関して全サプライヤーを監査する権利を有します。キーサイトは独立した第三者を採用してサプライヤー行動規範への遵守を監査および評価します。これには、カリフォルニア州法(California Act)および英国法(UK Act)の双方に規定されている強制労働、奴隷および人身売買を規定する全ての適用される労働法を各サプライヤーが遵守することの監視を含みます。

アカウンタビリティ(責務)

キーサイトは強制労働、奴隷および人身売買を禁止する法への違反を一切容認しないポリシーを持っています。キーサイトの契約条項および条件により、一度の違反であってもサプライヤーとの取引終了を認めています。

同様に、キーサイトの従業員懲罰ポリシーにより、キーサイト従業員に人権侵害に関連するいかなる不正行為に対し、契約終了を含む一連の措置を認めています。

まとめ

キーサイトは、キーサイト従業員あるいは非従業員に関わらず、当社の製品の生産に関わるすべての人員が尊厳と敬意をもって扱われることを重視しています。キーサイトは、当社と直接取引を行うサプライチェーンに関係する人員による虐待に対して、当社が適切な保護条項を確実に保持するために、必要に応じてポリシーおよび手順の更新を継続します。

これはキーサイトのすべてに関連するポリシーです。ポリシーは英国法(UK Act)の要件に従い、キーサイト・テクノロジーUKリミティッドの取締会が具体的に検討し認可しています。

日付:2018年4月30日

Ingrid Estrada

Ingrid Estrada
Senior Vice President, Chief People & Administrative Officer, Chief of Staff
Keysight Technologies, Inc.

Chris Rennie

Chris Rennie
Keysight Technologies UK Limited
Managing Director