陸上移動無線機(LMR)メーカーは、最新の通信規格を活用し、世界中の公共安全機関やその他機関のニーズ応えるために、機器の設計を向上させ続けています。今日の政府機関および公安機関は、相互運用性、拡張性、野外での機能性を向上させるデジタル規格を義務付けています。しかしながら、大規模な通信障害が生じた場合にはアナログ機能が依然として重要です。最新の無線機は、LMR、携帯電話、無線ローカルエリアネットワーク(WLAN)を介してマルチバンド通信を提供し、状況認識の強化とネットワーク配備オプションをサポートしています。キーサイトの無線機テストソリューションは、柔軟性と拡張性を確保したモジュラー方式を採用しているため、数多くのフォーマットと標準規格の回路設計とテストを実行することが可能です。

拡張可能な無線機テストの手法

クリティカルな通信における膨大なテクノロジーと標準規格の選択肢が存在する現状では、無線機、メーカー、デポには柔軟なテスト手法が必要です。キーサイトのM8920A無線テストセットは、PXIハードウェアとアプリケーション固有のソフトウェアを単一の柔軟でスケーラブルなシャーシで組み合わせることにより、多くのフォーマットをサポートします。数多くのフォーマットをカバーしているので、現在のテストニーズだけでなく、軍事、公共安全、大企業用の次世代無線にも十分対応できます。この手法は、別々のアナライザ、発生器、オーディオ信号源から構成される従来のラック・アンド・スタック型と比較して、フットプリントが小さい利点があります。また、M8920Aのインタフェースでは手動でのトラブルシューティングも可能です。

デジタルテクノロジーに対応したテスト

当初、LMRはアナログを通じた双方向通信を提供していました。現在はAssociation of Public Safety Communications Officials(APCO)Project 25(P25)、地上基盤無線(TETRA)、およびDigital Mobile Radio(DMR)などのデジタル規格とテクノロジーへの移行により、これらの無線はデジタル通信に依存するようになりました。これらの新しいテクノロジーは、相互運用性、互換性、スペクトラム効率を大幅に向上させます。無線機の確実な動作と、業界がこれらデジタルテクノロジーを採用する際のサポートするには、デジタルLMRテクノロジーの進化に合わせて機能を追加できるモジュラー型のテストソリューションが必要です。

商用データフォーマットのサポート

クリティカルな通信は、Long Term Evolution(LTE)やワイヤレス・ローカル・エリア・ネットワーキング (WLAN) などのコンシューマー向けテクノロジーを統合して性能の向上を実現し、状況認識の強化を実現します。LTEは、例えば米国のFirstNetのような公共安全ネットワークや軍事通信といった相互運用性の高い音声/データアプリケーションに、低遅延かつ回復力の高い通信を提供します。一方でWLANは、展開が容易で低コストのハイブリッドソリューションを提供し、軍事通信や緊急支援などのアドホック型ネットワークを展開できます。M8920A 無線テストソリューションは、LTEとWLANの製造テストに十分な性能を備えているため、無線機の性能に自信がもてるようになります。

単一画面で複数の測定器を制御

従来、異なる測定には多数のテストセットアップと、さまざまなソフトウェアが必要でした。キーサイトの無線テスト測定アプリケーションを使用すれば、単一の画面で複数の測定器へのアクセスや制御が可能で、多様かつ重要な測定値を同時に表示することができます。アナログ変調および復調機能により、信号、メトリック、スペクトラム、波形の作成、表示、解析を行うことができます。デジタル変調/復調機能では、デジタル公共安全規格向けの信号を迅速に生成することができます。また、このソフトウェアは、LMRシステムの性能に欠かせなくなってきているコンシューマー向けおよび移動体通信テクノロジーのテストも支援します。

自動テストによる迅速な展開

無線機テストメーカーとデポにとって、インフラストラクチャからサプライヤーによる製品統合までの多様な要素に対応するテストには時間と人員が必要です。連携していない自家製ソフトウェアでは、テスト要件と環境の変化に適応させることは困難です。柔軟で拡張可能なデスクトップのテスト・オートメーション・ソリューションが必要となります。キーサイトのPathWaveテスト・オートメーション・ソフトウェアは、統合プロセスを容易にする連携したワークフローを実現でき、カスタマイズされた自動化要件に対応します。シンプルなプラグインにより、プログラミングせずにテストシーケンスの設定が可能です。PathWaveを利用すると、一貫したユーザーエクスペリエンス、共通のデータフォーマット、および効率的なデータ共有が保証されます。

ご要望、ご質問はございませんか。