航空宇宙/防衛(A&D)は、近代的な商業的革新のバックボーンであり、あるいはその逆でもあります。インターネット、無線通信、衛星、宇宙、ナビゲーション、電化はすべてA&D分野から発展しました。技術面での限界を押し広げるためには、深い知識と、新たな可能性を模索する想像力の両方が必要です。

キーサイトは、A&D分野における最先端の技術革新の活性化を支援しています。これにより、商用利用を可能とし、ひいては新たな分野の革新がA&Dにもたらされます。

業界の革新

新時代のセキュリティー脅威への備え

欧州航空安全機関(EASA)の戦略/安全管理ディレクターによると、民間システムは毎月何千件というペースで攻撃にさらされています。

クラウドコンピューティング、IoT、高度な無線通信が統合され、世界のつながりが増していることも、新しい種類の脅威を招いています。もはやネットワークセキュリティーは、単に装置や境界を保護するだけのものではなくなりました。今や攻撃は、航空機やセンサ、衛星、宇宙船のセキュリティー上の欠陥を狙ってきます。

セキュリティー対策を評価し、ネットワークやアプリケーションをモニターすることが、かつてなく重要になっています。

RF環境の活用

さらなるスペクトラム

レーダーシステム、移動通信、衛星の革新により、接続が切断されることのない、より高い周波数とより広い帯域幅への需要が増しています。こうした新しいスペクトラム環境で正確な測定、解析、および結果の解析を行う方法を学習できます。

複数の同期チャネル

レーダー、電子戦(EW)、シグナルインテリジェンス(SIGNT)で利用されている多くのテクノロジーが、複数かつ分散型の開口部を持ち、より高い性能を実現し、最新のビームフォーミングテクノロジーに対応する方向に移行しつつあります。通信やセンシングを行うために、複数のRF/マイクロ波チャネルを同期する方法を検討します。

より高い感度

商業用テクノロジーがサイバー攻撃に対応していくにつれ、すべてのdB感度で、スタンドオフ範囲や対策が向上してきています。感度を上げることで、信号の検出がいっそう困難な電波、インターセプト、偏向のモニターを改善できます。最新のテクニックについて学習できます。

ご要望、ご質問はございませんか。