主な特長

信号解析の基準となる性能

PXAシグナル・アナライザは、航空宇宙/防衛および商用無線通信の高性能な研究開発(R&D)アプリケーションに最適です。 PXAは広い帯域幅の信号を解析、測定の不確かさを低減し、ノイズフロア低減機能(NFE)の使用により、これまで隠れていた信号も表示できます。 I/Q信号はPXAの広範囲な測定アプリケーションと復調機能を使用して解析できます。また、アップグレード可能なオプションとしてリアルタイムスペクトラム解析機能を追加することも可能です。

  • 広い周波数範囲(2 Hz ~ 50 GHz、最大510 MHzの解析帯域幅)で詳細に解析
  • 最大75 dBのスプリアス・フリー・ダイナミック・レンジ(SFDR)により大きな信号が存在する状況で小さい信号の測定が可能
  • キーサイトのスマートミキサーにより110 GHzまで周波数を拡張可能
  • 最大255 MHzまでギャップフリーでストリーミングして、実環境の信号を記録/解析/シミュレート
  • オプションのリアルタイム・スペクトラム解析機能によって過渡信号または間欠的信号を捕捉
  • リムーバブルSSDおよびその他オプション機能により、厳格なデータセキュリティー要件に対応

 

 

 

 

 

測定器を支えるカスタムパワー

技術の限界を押し上げるには、基本的な測定を上回る瞬時帯域幅、スプリアスフリー・ダイナミック・レンジ、および信号忠実度が必要です。 キーサイトは、独自のリン化インジウム(InP)およびガリウム砒素(GaAs)ファブで製造された自社設計のカスタムMMICにカスタムASICシグナルプロセッサを搭載することで、すべての性能製品を強化し、業界最速で最も信頼性の高い測定を確保しています。 お客様の次のイノベーションを加速させるには、キーサイトにお任せください。 PXAシグナル・アナライザに使用されているキーサイトの半導体は、掃引速度と測定確度を大幅に向上させ、業界最高のDANLを実現しています。

ダイナミック信号の迅速な検出と測定

PXAシグナル・アナライザを使用すると、複雑でダイナミックな環境であっても目的の信号を短時間で発見し、測定することができます。 これはレーダー、電子戦(EW)、信号傍受システムで特に重要です。 リアルタイムスペクトラム解析機能モードを使用することで、マスクに基づいて信号にトリガをかけたりタイムドメインの信号を表示したりできます。 キーサイトのPXAシグナル・アナライザでは、原因と結果を短時間で関連付けることが可能です。

周波数
2 Hz to 50 GHz
DANL(1 GHz)
-174 dBm
最大解析帯域幅
510 MHz
最大リアルタイム帯域幅
510 MHz
位相雑音(1 GHz、10 kHzオフセット)
-136 dBc/Hz
タイプ
Benchtop
周波数
DANL(1 GHz)
最大解析帯域幅
最大リアルタイム帯域幅
位相雑音(1 GHz、10 kHzオフセット)
タイプ
2 Hz to 50 GHz
-174 dBm
510 MHz
510 MHz
-136 dBc/Hz
Benchtop
さらに表示
帯域幅オプション:
25 MHz
40 MHz
85 MHz
125 MHz
160 MHz
255 MHz
510 MHz
DANL(1 GHz):
-174 dBm
形状:
n/a
周波数:
2 Hz to 50 GHz
周波数オプション:
3.6 GHz
8.4 GHz
13.6 GHz
26.5 GHz
44 GHz
50 GHz
Mixers to 1.1THz
高さ:
4U
最大解析帯域幅:
510 MHz
最大周波数:
50 GHz
最大リアルタイム帯域幅:
510 MHz
全振幅確度:
±0.19 dB
性能レベル:
◆◆◆◆◆◇
位相雑音(1 GHz、10 kHzオフセット):
-136 dBc/Hz
TOI(1 GHz、3次インターセプト):
+22 dBm
タイプ:
Benchtop
N9030Bシグナル・アナライザ・アプリケーション

Xシリーズアプリケーション — 複雑な測定を容易に実現し、再現性の高い結果を提供

ダウンロード可能なPathWave Xシリーズ測定アプリケーションを使用すると、携帯電話、無線および航空宇宙/防衛機器の性能やデザインに対する理解を深めることができます。

  • LTE、無線LANなど最新の無線規格に準拠した測定やパラメトリック測定などにより、デバイス性能をより詳細に評価
  • デザイン、検証、製造において一貫性のある測定をすぐに行うことのできる統合アプリケーションにより、デザインを加速
  • Xシリーズ シグナル・アナライザに組み込まれた測定のノウハウを活用し、短時間で信号とデバイス性能を把握可能
  • トランスポータブルライセンスを利用し、複数の測定器でアプリケーションを共有

ミリ波:正確な測定のためには細かいところに注意が必要

ミリ波周波数での測定には特に注意が必要です。 低い周波数で測定に影響を与えるような決定をすると、接続部での損失や、より高い周波数での確度や再現性に問題が生じる可能性があります。 適切にミリ波を測定するには使用する部品や機器の詳細に細心の注意を払ってください。

ミリ波周波数を測定

標準構成

N9030B PXAシグナル・アナライザ

N9030Bに関心を持っていただけましたか。

PXAシグナル・アナライザの注目のリソース

すべてのリソースを表示

すべてのリソースを表示

ご要望、ご質問はございませんか。