ハイライト

  • 変調された信号条件下での非線形 DUT 動作 (EVM、NPR、ACPR) を提供
  • ベクトル誤差補正と VNA 校正で誤差を低減し、極めて低い残留システム EVM を実現
  • 最大 50 GHz の周波数カバレッジ
  • 複数レシーバーによるコヒーレント測定で高速測定を実現

S930705B は、50 GHz までの変調信号条件下で、アクティブデバイスの変調歪みの特性を高速かつ高精度に評価します。 PNA-X の広いダイナミックレンジとベクトル誤差補正により、テストセットアップの残留 EVM は極めて低く、テストシステムの干渉を受けずに、デバイスの性能の全体像を把握することができます。 S930704B は、EVM、NPR、ACPR の測定が可能で、復調を行わずに入出力スペクトルのスペクトル相関で非線形信号と線形信号の分解が可能です。 PNA-X SCCM と統合することで、他の VNA 測定を行いながら素早く変調歪みを測定することができます。

PNA-X に接続された信号発生器が変調信号を提供します。 対応の信号発生器は、VXG (M9383B/84B)、M9383A、PSG + M8190A、MXG、または U3039ACK1 装備の UXG です。

無料の試用版

  • 30日間の無料試用ライセンスを入手
  • PNAシリーズでソフトウェアアプリケーションを実行可能
S930701B Modulation Distortion up to 13.5 GHz

S930705Bに関心を持っていただけましたか。

S930705B 変調歪み(最高50 GHz)に関する注目のリソース

すべてのリソースを表示

すべてのリソースを表示

ご要望、ご質問はございませんか。