オシロスコープによる信頼性の高い測定

デザイン、デバッグ、またはコンプライアンステストにかかわらず、良好な結果を得るためには、実績ある測定テクノロジーが必要です。 キーサイトのオシロスコープハードウェアは、業界最高のシグナルインテグリティー、高い有効ビット数(ENOB)、最高レベルの波形更新速度により、被試験デバイスの真の性能を捉えます。 さらに、優れたプロトコルデコード、解析機能、コンプライアンスソフトウェアの組み合わせが可能で、信頼性の高い測定を保証します。

オシロスコープ プローブ

どのタイプのオシロスコーププローブが必要ですか。

キーサイトは、InfiniiVision および Infiniiumシリーズのオシロスコープ用に、広範囲の電圧、電流、およびオプティカルプローブソリューションを提供しています。

このガイドでお客様のテストニーズに適したプローブをご確認ください。

キーサイトのオシロスコープ用プローブで業務をステップアップさせましょう

プローブにより負荷、ノイズ、ジッタがシステムに生じる場合があり、プローブの電気的特性は、測定結果だけでなく、デバイスの動作にも影響を及ぼす可能性があります。

そのため、プローブで発生するエラーを理解することは正確な測定に重要です。この eBook では、オシロスコープのプロービングで陥りがちな落とし穴を回避する方法をご紹介しています是非ご覧ください。

オシロスコープ プローブ キーサイト オシロ

注目のリソース

オシロスコープに関するよくある質問

オシロスコープとは何ですか?

オシロスコープは、電気信号の挙動を電圧の時間変化として捕捉して表示する測定器です。「スコープ」または「オシロ」と短縮されることもあります。

オシロスコープにはどのような種類がありますか?

主に3種類あります。デジタル・ストレージ・オシロスコープ (DSO) と呼ばれるのが、アナログ信号をキャプチャしてデジタル信号処理をして表示するタイプで、最新のほとんどのオシロスコープがこれに該当します。2つ目がミックスド・シグナル・オシロスコープ (MSO) と呼ばれるタイプで、デジタル信号専用のチャネルや機能を備えているオシロスコープです。3つ目はミックス・ドメイン・オシロスコープ (MDO)と呼ばれ、オシロスコープにスペクトラム アナライザ機能が組み込まれているタイプですが、この呼び方はあまり一般的ではありません。

オシロスコープは何に使用されますか?

オシロスコープは、電気信号の挙動を観測、解析、記録するための重要な測定器です。オシロスコープは、さまざまなアプリケーション (トラブルシューティング、検証、特性評価、製造テスト) やテクノロジー (高速デジタルエレクトロニクス、光通信、RF、パワーエレクトロニクス) において、あらゆる産業で重要な役割を果たしています。

オシロスコープの仕組みを教えてください。

オシロスコープは、プローブを使用して、電気信号の波形を観測したいテストポイントに接続します。その後の電気信号の経路はオシロスコープによって異なりますが、一般的にはアナログ回路で信号を調整し、増幅または減衰して、アナログ/デジタルコンバーターによって信号をデジタル化し、さらなる信号処理、解析を行い画面に信号波形を表示します。

オシロスコープとスペクトラム・アナライザの違いは何ですか?

オシロスコープは、信号を時間領域で表示します。時間領域と周波数領域の両方で信号を解析するために、スペクトラム・アナライザ機能が内蔵されていることがあります。一方、スペクトル・アナライザは、信号を周波数領域で表示します。

オシロスコープの使用方法を教えてください。

キーサイトでは、オシロスコープの基本的な機能と仕様を学ぶためのエンジニア向けの無料の技術リソースを幅広く提供しています。下記のリンクをクリックして、オシロスコープの基本的な機能と仕様を是非ご利用ください。

オシロスコープの使用方法はこちら(英語)

オシロスコープの基本的な機能と仕様はこちら(英語)

ご要望、ご質問はございませんか。