主な特長

  • 8.42 psecの立ち上がり時間で最大53 GHzの帯域幅を実現することで、最新の高速シリアル規格での測定が可能に
  • 簡単かつ直感的な操作でE5080B ENA上で動作
  • 比類のないパフォーマンス:最大140 dBの広ダイナミックレンジと低ノイズフロアの両立により、高確度での測定が可能
  • リアルタイム解析が可能な高速測定
  • 最新の校正手法の導入により、測定誤差を低減
  • 自動スキュー補正により、フィクスチャやプローブの影響を容易に除去
  • 高速デジタルインターコネクトのアイダイアグラム解析
  • 高速デジタルアプリケーションの実装方法(MOI) を入手できます:are available: USB、HDMI、SATA、DisplayPort、MIPIなど

S96011Bを使えば、高速データアプリケーションのための拡張タイムドメイン解析が可能になります。 S96010Aのすべての機能を含みます(TDR/TDTモード)。 さらに、S96011BによりPLTSソフトウェアを追加しなくてもアイダイアグラム/マスクモードなどのより詳細な測定や評価ができるようになります。 ジッタおよびエンファシス/イコライゼーション機能により、実際の信号と環境のシミュレーションが可能になります。 S96011Bは、最大20 GHzの帯域幅をカバーします。 フル校正を使用でき、自動スキュー補正により、フィクスチャ/プローブの影響を容易に除去できます。 最高の確度を実現するには、メカニカル校正キットまたはDCオプション付きのECalをご利用ください。 (オプション0 DC N469xD もしくは N4433D)

高速デジタルインターコネクトのコンプライアンステストの加速

高速デジタル規格では、世代が変わるたびにリスクとテストの課題が追加されます。 キーサイトの高速デジタルインターコネクト用VNAソリューションは、ハードウェア、ソフトウェア、業界の専門知識を組み合わせ、規格変更への対応をサポートします。 当社のソリューションは、タイムドメインと周波数ドメインの表示を提供し、高度なアイダイアグラム解析によって根本的な問題を明らかにし、設計の相互運用性とコンプライアンスを保証します。

ビデオをご覧になり、キーサイトのVNAとエンハンスドTDRアプリケーションが、USB Type-C®ケーブルのコンプライアンステストのテストワークフローを1つの完全なソリューションで簡素化する方法をご確認ください。

無料の試用版

• 30日間の無料試用ライセンスの取得
• ENAベクトル・ネットワーク・アナライザでのソフトウェアアプリケーションが可能に
 

S96011Bに関心を持っていただけましたか。

ご要望、ご質問はございませんか。