ハイライト

宇宙空間で直面するあらゆる条件下で衛星電源システムを迅速にテスト

 

  • I-V曲線の高速変化と素早い回復スイッチング時間をサポートし、宇宙空間のさまざまな条件下で動作する太陽光発電(PV)セグメントの正確なシミュレーションを可能にします。
  • 最大6個の1 kWモジュールに対応し、さまざまな性能レベルの太陽電池アレイシミュレータ(SAS)を提供する独自のモジュール設計により、変化するテスト要件に迅速に対応します。
  • オートレンジ機能により、変化する要件に適応する出力曲線を拡張します。
  • 2象限および回生電力機能を備えたモジュールにより、熱問題を軽減します。
  • 直感的なタッチスクリーンで6つの出力を1つのビューに表示します。
  • 業界最高の電力密度で設備投資を最小化: 2Uのラックスペースで最大6 kWの電力を提供します。

高密度、モジュラー、高速

宇宙船や人工衛星を打ち上げるには、回収や修理の可能性がなく、とてつもない費用がかかります。 太陽電池を動力源とする宇宙船や衛星は、効率的で信頼性の高い電力管理システムを備えていなければなりません。 これらのシステムは、過酷な宇宙環境で動作する複数の太陽光発電アレイからの幅広い出力特性に対応する必要があります。

太陽電池の出力は、多くの環境条件(例:温度、照射)や運用条件(例:日食、スピン)によって変化します。 キーサイトMP4300Aシリーズ太陽電池アレイシミュレータを使用すれば、これらの条件をすべて高確度でテストできます。 電流-電圧(I-V)曲線の高速変化と高速回復時間を実現し、急速に変化する条件をエミュレートします。

宇宙空間の条件を正確にエミュレートすることで、設計変更を迅速に検証し、革新的な太陽電池アレイ設計を加速することができます。

MP4300Aシリーズには、最高性能のキーサイトMP4361A 160 V/10 Aオートレンジモジュールと、キーサイトMP4362A 130 V/8 A固定レンジモジュールの2種類の1 kW太陽電池アレイ・シミュレータ・モジュールがあります。 モジュラーアーキテクチャーにより、テスト要件の変更に迅速に対応できます。

Key Specifications

出力数

Up to 6

Total Power

6 kW

Ripple and Noise

50 mVrms

確度

0.05 %+25 mV

最新のインタフェース

USB、LAN、オプションのGPIB

その他の詳細仕様もご覧ください。

自分に合ったモデルを見つける

ご要望、ご質問はございませんか。