統合時間を短縮し、テストを加速

50年以上にわたり、キーサイトの自動テスト機器(ATE)用電源は、エンジニアが設計を検証し、問題を理解し、製品品質を保証する方法を変えてきました。 弊社のプログラマブルなATEシステム電源はコンパクトなデザインで、システムを選ばず容易に統合できます。 キーサイトの電源を使用すると、最新のインタフェース、LXI-core機能、およびSCPI言語により、テストプログラムを容易にアップデートできます。 素早いコマンド処理と迅速なセトリング時間でテスト時間を短縮します。

お客様のシステムに最適な弊社のATEシステム電源

  • キーサイトN5700/N8700シリーズで、適切な性能とシンプルな操作を実現します。 コンパクトなデザインで簡単に統合できます。
  • 弊社の最も多く利用されているATE電源であるN6700シリーズモジュラー電源で、テスト要件を容易に満たすことができます。 高さ1Uのメインフレームで最大4出力を提供します。 電源モジュールが各出力を稼働するため、テストプランに合った出力を追加または変更するためのモジュールを選択してください。
  • キーサイトでは最も高度な電源シリーズであるN6900/N7900を使用すると、出力あたり1000W、または2000Wを生成できます。 オプションのディシペーターは、バイポーラー電源と同様のフル2象限動作を提供します。

ATEシステム電源の統合と構成

テストシステムエンジニアは、テストプランの変更を必要とする新しい検証要件に絶え間なく直面します。 こうした課題を解決するのは困難ですが、システム電源を最大限に活用できる方法があります。

最適なツールを使用して機能を拡張

テクノロジーは絶えず変化しています。 エンジニアが直面する要件もそうです。 お使いの評価設備への機能拡張として、生産性を向上させる適切なアクセサリの組み合わせ、最適なKeysight PathWaveの設計とテスト・オートメーション・ソフトウェアの活用が製品開発を加速します。

ご要望、ご質問はございませんか。