ハイライト

直感的でコストパフォーマンスの高いベンチトップ信号解析プラットフォームをで設計/テスト/教育に活用

エンジニアリングとは、さまざまなアイデアを関連付けて問題を解決することに他なりません。お手頃な価格で高性能を発揮するCXAシグナル・アナライザは、基本的な信号特性評価に適して現在最もコストパフォーマンスの高いツールです。その能力は汎用試験や教育用途において強固な基盤を提供します。製造するデバイスを迅速に検証する場合でも、研究室の指導でデモをする場合でも、素早く回答が見つかります。

  • 広い周波数範囲周波数範囲:9 kHz ~ 26.5 GHz、解析帯域幅:最大25 MHz
  • 手動、自動を問わず製造テストシステムにおける信頼性の高い信号解析の実現
  • スプリアスサーチや歪み解析などの基本的な測定の実行
  • オプションの内蔵トラッキングジェネレーターによりスティミュラス/レスポンス測定を実行
  • Xシリーズ測定アプリケーションにより重要な機能を追加
  • RF/マイクロ波教育ラボのトレーニングキットを使用し、理論的知識を実践的なスキルで補強

CXAシグナル・アナライザによる基本的な電源測定の簡素化

無線デザインで重要なのは、デジタル変調された信号のパワーを正確に測定する機能により、システムの容量を最大化し、通信の品質を向上させることです。CXAとPowerSuiteを併用すれば、9種類の電力測定を短時間で実行できるようになります。

周波数
9 kHz to 26.5 GHz
DANL(1 GHz)
-163 dBm
最大解析帯域幅
25 MHz
最大リアルタイム帯域幅
n/a
位相雑音(1 GHz、10 kHzオフセット)
-110 dBc/Hz
タイプ
Benchtop
周波数
DANL(1 GHz)
最大解析帯域幅
最大リアルタイム帯域幅
位相雑音(1 GHz、10 kHzオフセット)
タイプ
9 kHz to 26.5 GHz
-163 dBm
25 MHz
n/a
-110 dBc/Hz
Benchtop
さらに表示
帯域幅オプション:
10 standard, 25 MHz
DANL(1 GHz):
-163 dBm
周波数:
9 kHz to 26.5 GHz
周波数オプション:
3.0, 7.5, 13.6, 26.5 GHz
最大解析帯域幅:
25 MHz
最大リアルタイム帯域幅:
n/a
全振幅確度:
±0.50 dB
性能レベル:
◆◆◇◇◇◇
位相雑音(1 GHz、10 kHzオフセット):
-110 dBc/Hz
タイプ:
Benchtop
TOI(1 GHz、3次インターセプト):
+12 dBm

Xシリーズアプリケーション — 測定を簡素化し、再現性の高い結果を実現

ダウンロードして入手できるXシリーズアプリケーションを使用すると、携帯電話、無線および航空宇宙/防衛機器の性能やデザインに対する理解を深めることができます。

  • LTE、無線LANなど最新の無線規格に準拠した測定やパラメトリック測定などにより、デバイス性能をより詳細に評価
  • 一貫性のある測定をタッチパネルで行うことのできる統合アプリケーションにより、短時間で詳細情報を表示
  • 設計/検証/製造に同じ測定を利用することで市場投入までの時間を短縮  
  • Xシリーズ シグナル・アナライザに組み込まれた測定のノウハウを活用し、短時間で信号とデバイス性能を把握可能
  • トランスポータブルライセンスを利用し、複数の測定器でアプリケーションを共有

Interested in a N9000B?

FEATURED RESOURCES

すべてのリソースを表示

すべてのリソースを表示

N9000B CXAの見積をご請求ください

ご要望、ご質問はございませんか。