AresONE-S 400GE

世界で最も密度の高い16ポートもしくは8ポート400GEQSFP-DDテストソリューション

この製品をすでにお持ちですか? テクニカルサポートにアクセスする

ハイライト

  • 高ポート数の16ポートと8ポートのモデルには、経済的に少数のポートでのテスト用にポート数を減らしたオプションと、低性能または高性能のオプションで、ニーズに合わせた拡張が可能
  • 2RUの固定のシャーシ・フォーム・ファクターで電源と冷却の要件を最適化
  • 1つのプラットフォームで7つの速度すべてに対応する将来性:400/200/100/50/40/25/10 GE、PAM4およびNRZシグナリングモードに対応
  • 6.4 Tbpsのラインレートのトラフィックに拡張し、星形接続回路で最大5台のシャーシを同期させて25.6 Tbpsのテストを行う能力を備え、またオプションとしてメトロノーム・タイミング・システムで25.6 Tbpsを超えるアプリケーション用に最大6台のシャーシを同期させることが可能
  • IxNetworkソフトウェアアプリケーションによる完全なL2/3プロトコルエミュレーションのサポートによる検証
  • PAM4およびNRZシグナリングモード両方のレイヤー1 BERT、PCS、FECテストによる、光、ケーブル、デバイスの相互運用性の向上

超高密度400GEテスト

8x56Gb / sの電気的インターフェースであるPAM4エンコード技術は、400GEの採用で人気が高まっています。 現在、ほとんどのスイッチASICは、低速テクノロジーに使用される従来のNRZエンコーディングとともにこの新しいPAM4変調をサポートしており、100GEから400GEへの移行が容易になっています。 これらのプラットフォームで10GEから400GEまでの7つの速度すべてをテストすることは、新たな課題になっています。 インターネットアプリケーションの帯域幅要件により、3.2、6.4、12.8、25.6 TbpsASICのラインレートトラフィックをテストする必要性が高まっています。

キーサイトは、業界をリードするAresONE 400GEネットワークテストプラットフォームを拡張して、これらの進化する市場のニーズに対応しています。

16ポート密度と7スピードのオールインワンテストプラットフォーム

AresONE-Sは、AresONEファミリに追加された最新の製品で、同じ2RU固定シャーシフォームファクタでAresONEの密度を2倍にします。 驚異的な6.4Tbpsのトラフィック生成機能は、スタック可能で高スループットのテストベッドを構築できるため、ニーズに合わせて拡張できる将来性のあるテストプラットフォームを提供します。 これにより、同じプラットフォームで7つの速度をテストでき、各ポートは次の速度に対応できます。

PAM4 速度: 1x400、2x200、4x100、8x50GE

NRZ 速度: 2x100、4x50、2x40、8x25、8x10GE

将来の需要に合わせて拡張可能な柔軟性

ハードウェアとソフトウェアのテストに関しては、ニーズに合わせて予算に合わせて拡張できる柔軟性が必要です。 そのため、経済的な4ポート構成をサポートする8ポートのハードウェアシャーシと、経済的な8ポート構成をサポートする16ポートのハードウェアシャーシが利用可能なAresONE-Sをご用意しました。 ポート数が少ないあらゆる構成で、フィールドでのアップグレードでポート数増強が可能です。

シャーシのポート数構成に適用される性能オプションは、性能の低下からフル性能までのフィールドでのアップグレードが可能です。 能低下モデルは、パケットブラストとRFCベンチマークに使用される一方で、フルパ性能モデルは、キャリアクラスのエッジルーターやコアルーター、さまざまなクラスのデータ・センター・スイッチをテストし、ラインレートのネットワークトラフィック性能やネットワークプロトコルの規模と性能を検証するのに最適です。

注目のリソース

ご要望、ご質問はございませんか。