主な特長

N9042B UXA Xシリーズ・シグナル・アナライザおよび測定アプリケーションで、貴社の5G、衛星、レーダーなどのミリ波(mmWave)イノベーションの真の性能をテストしましょう。 N9042Bは、業界で最も広い解析帯域幅と深いダイナミックレンジを備えており、、厳しい設計マージンやスケジュール、複雑な変調、厳しい規格など、最も難しいミリ波帯の課題の解決に役立ちます。

  • すぐに使用可能な測定アプリケーションと信号解析ソフトウェアにより、最新規格に適合する設計を実現
  • 2 Hz~50 GHzの帯域選択されていない掃引と4 GHzの解析帯域幅で信号を明瞭に表示
  • 業界最高のエラーベクトル振幅(EVM)による5G NRトランスミッターの真の性能のテスト
  • 業界最高水準の掃引表示平均雑音レベル(DANL)により、レーダー設計における帯域外エミッションやスプリアスを迅速に発見
  • 4 GHzの補正された解析帯域幅による高スループットの衛星通信設計の開発

テスト・アプリケーション・ソフトウェア

PathWave Xシリーズ測定アプリケーションは、最新の通信規格向けの常に変化する測定要件に対応します。 携帯電話、無線接続、航空宇宙/防衛、汎用アプリケーション向けにすぐに使える測定をご利用いただけます。

89600 PathWave VSAソフトウェアは、復調/ベクトル信号解析のための包括的なツールです。 75種類以上の信号規格と変調方式をサポートしており、これらのツールを使用すれば信号のあらゆる側面を解析して最先端のデザインを最適化することができます。

N9042B スペクトラム・アナライザ(N9042B シグナル・アナライザ)ソフトウェアの画像
周波数
2 Hz to 50 GHz, with V3050A 110 GHz
DANL(1 GHz)
-174 dBm
最大解析帯域幅
4 GHz
最大リアルタイム帯域幅
Up to 2 GHz
位相雑音(1 GHz、10 kHzオフセット)
-135 dBc / Hz
タイプ
Benchtop
周波数
DANL(1 GHz)
最大解析帯域幅
最大リアルタイム帯域幅
位相雑音(1 GHz、10 kHzオフセット)
タイプ
2 Hz to 50 GHz, with V3050A 110 GHz
-174 dBm
4 GHz
Up to 2 GHz
-135 dBc / Hz
Benchtop
さらに表示
帯域幅オプション:
1 GHz
1.5 GHz
2 GHz
4 GHz
DANL(1 GHz):
-174 dBm
形状:
n/a
周波数:
2 Hz to 50 GHz, with V3050A 110 GHz
周波数オプション:
26.5 GHz
44 GHz
50 GHz
with V3050A 50 GHz to 67 GHz
90 GHz
110 GHz
高さ:
6U
最大解析帯域幅:
4 GHz
最大周波数:
50 GHz
最大リアルタイム帯域幅:
Up to 2 GHz
全振幅確度:
± 0.24 dB
性能レベル:
◆◆◆◆◆◆
位相雑音(1 GHz、10 kHzオフセット):
-135 dBc / Hz
TOI(1 GHz、3次インターセプト):
+22 dBm
タイプ:
Benchtop

新しいccEVMソフトウェア・アプリケーションのパワーを確認

ツアーを開始する

  • 今すぐ開始
  • セルフサービスですか。 Yes
  • 体験時間:3分

ライブデモをリクエスト

  • 2日以内に開始
  • セルフサービスですか。 ✕
  • 体験時間:30分

無料の試用版をリクエスト

  • 今すぐ開始
  • セルフサービスですか。 Yes
  • 体験期間:30日

衛星通信

今日の衛星通信システムでは、広帯域信号と干渉の監視に対して高度なアプローチが求められています。 衛星設計の性能を特性評価するためには、最も広い解析帯域幅と最も高い周波数レンジを持つテストソリューションが必要です。

N9042B UXA Xシリーズ シグナル・アナライザの新しいリアルタイムスペクトラム解析(RTSA)アプリケーションソフトウェアでは、最終的に最大2 GHzのRTSA帯域幅を監視することができます。

N9042B UXAおよびM9384C VXG信号発生器は、解析と発生のために4 GHzの補正済み帯域幅を提供します。 またUXAは、プリセレクターによりバンド分割なしの最高の周波数レンジを提供し、お客様の最も高度な衛星設計の特性評価を支援します。

移動体通信

3GPP 5G NR規格リリース15/16を基に5Gのコンポーネントとデバイスをテストするには、高い確度、感度、および帯域幅の機能を備えたソリューションが必要です。

N9042Bシグナル・アナライザでは、業界最高の残留エラーベクトル振幅(EVM)と5G NR信号解析ソフトウェアスイートにより、トランスミッターのダウンリンクとアップリンクの測定をワンボタンで実行して、トランスミッター設計の真の性能をテストすることができます。

新しい広帯域アプリケーションの紹介

RTSA

RTSA

リアルタイムスペクトラム解析(RTSA)により、発生頻度が低い信号の捕捉と解析を継続的に行うことができます

関連ソフトウェア

PathWave Xアプリケーション:N9042RTEB、N9042RTFB

PathWave VSA:89601200C

群遅延

群遅延

群遅延は、デバイスを通過した後の周波数に関する位相歪みの指標です

関連ソフトウェア

PathWave Xアプリケーション:N9056EM0E

PathWave VSA:89601200C

ccEVM

ccEVM

相互相関EVM(ccEVM)は、テストシステムの無相関ノイズを打ち消し、DUTの真のEVMを計算します

関連ソフトウェア

PathWave Xアプリケーション:N9054EM0E、N9054EM1E、N9077EM0E、N9077EM1E、N9077EM2E、N9085EM0E

PathWave VSA:89601EVMC

ccEVM

ODIストリーミング

光データインタフェース(ODI)ストリーミングにより、お客様は何時間も広帯域信号を記録することができます

ストリーミングオプション:

オプションST1:1 GHz BW補正済みIQストリーミング

オプションST2:2 GHz BW補正済みIQストリーミング

 

 

デジタルツインの概念

デジタルツインは、パフォーマンスおよびメンテナンスの情報により継続的に更新される物理システムの仮想レプリカです。

Keysight N9042B UXA Xシリーズ シグナル・アナライザは、RFデジタルツインのセットアップにて、コンポーネントのビヘイビアモデルを効率的に作成/強化します。 Keysight PathWaveベクトル信号解析(VSA)は、変調処理を行い、信号の復調とエラーベクトル測定を実行するだけでなく、キャリアアグリゲーション、高次MIMO、コンスタレーションによる信号品質解析などの機能も提供します。 PathWave System Designと直接接続することで、推測や推定が排除され、モデルの忠実度が向上します。 キーサイトの測定技術は、仕様の変化に伴い進化し続けます。

ソリューション概要のダウンロード:RFシステムのデジタルツインの作成

デジタルツインとAI:キーサイトのAI/デジタルツインソフトウェアに関する知見
N9042B

革新的なミリ波設計を改善するための専門的なテスト手法

ミリ波テクノロジーは、無線通信を革新しています。 しかし、測定確度を低下させる過剰な経路損失や広帯域雑音など、新しいテストの課題をラボにもたらします。

この技術記事では、測定を改善し、革新的なデバイスの真の性能を評価するのに役立つヒントを提供します。

シグナル・アナライザの豊富な機能

以下を使用することで、さらに高い水準の測定確度を実現できます。

  • V3050A周波数エクステンダー:プリセレクターにより110 GHzまでバンド分割なしの周波数レンジを提供(下記データシートを参照)
  • U9361 RCalレシーバーキャリブレーター:レシーバー・テスト・システムの確度を10倍改善
  • M9384B VXG信号発生器:広帯域スティミュラス/レスポンステスト用
N9042B スペクトラム解析(信号解析)ソリューション
N9042B スペクトラム・アナライザ(N9042Bシグナル・アナライザ)の画像

N9042Bに関心を持っていただけましたか。

注目のリソース

すべてのリソースを表示

すべてのリソースを表示

ご要望、ご質問はございませんか。