Column Control DTX

キーサイト・テクノロジー 発生頻度の低い信号の広帯域/高ダイナミック・レンジ測定による複雑なシステム/環境の特性評価 | キーサイト

アプリケーションノート

はじめに

高度なアナログ/デジタル・テクノロジーから、周波数アジリティと広い帯域幅を利用するレーダ・システムが生まれました。例えば、デジタル信号処理(DSP)の性能向上により、パルス圧縮などの手法が一般的になりつつあります。さらに、DSPによってデジタル・ダイナミック・レンジとアルゴリズムの複雑さが進化しました。これらの発展と、増幅器やアンテナのデザインの進歩が組み合わされ、複雑なビーム・ステアリングなどの動的な機能が可能になりました。

このために信号の動作が非常に複雑になり、今日の電子戦(EW)システムは高密度で動的な脅威に直面しています。これらのシステムは高性能のDSPやGaN増幅器などのテクノロジーの進歩も利用しているとはいえ、脅威から生じる膨大な数のシナリオへの対応は容易ではありません。このため、レーダ、EW、SIGINTシステムなどを扱う場合、以前よりもはるかに複雑な信号環境の測定や特定に直面することになります。

レーダ・システムやEWシステムの開発と評価には、長年にわたってスペクトラム・アナライザが使用されてきました。しかし、従来の掃引測定は、今日のアジャイル・システムやアダプティブ・システムに対しては不十分です。このため、高速性、高性能、柔軟性に優れたソリューションが必要です。これまでの方法に代わる現時点での最良の方法は、リアルタイム・スペクトラム解析(RTSA)機能を備えたシグナル・アナライザと、ベクトル信号解析(VSA)ソフトウェアを組み合わせたものです。

このアプリケーション・ノートは2つの部分に分かれています。パート1では、EWシナリオのモニタ、不要なスペクトラム・イベントの識別や送信波形の問題の検出に使用できる信号識別手法の概要を紹介し、識別した信号に対して、タイム・ドメインと周波数ドメインでパルスド・ベクトル測定を実行する方法を解説します。パート2では、ダイナミック・レンジと帯域幅の代表的な要件を満たすいくつかの解析オプションの概要を紹介します。

×

営業担当者からご連絡させていただきます。

*Indicates required field

ご希望の連絡方法をお知らせください。 *必須項目です。
Preferred method of communication? ご登録のEメールアドレスの変更
Preferred method of communication?

送信ボタンのクリックによりお客様情報の収集と利用方法をお伝えする キーサイトプライバシーステートメント にご同意頂いたものとみなします。また、弊社及び弊社販売店からご連絡を差し上げる場合がございます。

ありがとうございました。

A sales representative will contact you soon.

Column Control DTX