ハイライト

無線アクセスネットワークテストを容易に

4G/5Gコアシミュレータ、CoreSIMは、コアネットワークの不要な依存性を除去し、制御可能な、再現性のあるテスト環境をセットアップすることにより、無線アクセスネットワークテストを容易にします。 このため、RANテスト作業を被試験デバイスに集中させることができ、3GPP標準実装を加速させることができます。 拡張性が高いCoreSIMにより、最大100本の独立したテストラインを並列で使用することができます。 NSAラップアラウンド用ePCシミュレータとSAラップアラウンド用5Gコアシミュレータを使用できます。 データ、ストレージ、音声、ビデオプロトコルがサポートされています。 CoreSIMは、どのIntelサーバでもホスト可能です。

コアネットワークの不要な依存性を除去することにより、無線アクセスネットワークテストを容易にします。

  • NSAラップアラウンド用ePCシミュレータ、SAラップアラウンド用5Gコアシミュレータ
  • データ、ストレージ、音声、ビデオプロトコルサポート
  • S1インタフェースEPC、WiFiオフロード、eMBMSプロトコルをサポート
  • 高いスケーラビリティ:最大100本の並列での独立したテストライン
  • どのIntelサーバでもホスト可能
  • 制御プレーンとユーザープレーンをテストラインに均等に分散
  • 10,000 UE、1000登録/秒
  • L4-7 トラフィック:10 Gbps スループット(DL+UL)

関連製品

新しい5Gサービスの収益機会を促進するサブシステムのコンフォーマンス、相互運用性、性能を検証

ご要望、ご質問はございませんか。