Highlights

  • 周波数:60~90 GHz
  • 既存のKeysightパワーメータで使用可能
  • 優れたSWRの実現
  • 50 MHz校正
  • 高い信頼性

既存のKeysightパワーメータで使用可能

Keysight導波管パワーセンサは、Keysight EPM(E4418B/19B、N1913A/14A)、EPM-P(E4416A/17A)、Pシリーズ(N1911A/12A)パワーメータで使用可能です。V8486A/E8486A/W8486Aは、435B、436A、437B、438A、70100A、E1416A、E4418A、E4419Aなど、販売完了/廃止されたパワーメータでも使用できます。

最高のSWRの実現

RF/マイクロ波パワー測定では、一般に、センサと信号源の不整合が誤差の最大の原因となっています。不整合による測定の不確かさを最小限に抑えるために、Keysight導波管センサは、1.06(>30 dBのリターンロス)という優れたSWRを実現しています。

50 MHz校正

パワーメータによる校正を容易にするために、Keysight 導波管パワーセンサは50 MHzの校正ポートを備えています。このため、さまざまなパワーメータやセンサを組み合わせて測定を行う場合に生じる変動がなく、温度変化による不確かさが生じることがありません。さらに、ミリ波周波数でも米国NIST(National Institute of Standards and Technology)に準拠したトレーサビリティを提供しています。

高い信頼性

Keysight導波管センサには、他のKeysightセンサと同様に信頼性の高いModified Barrier Integrated Diode(MBID)テクノロジーが採用されていて、常に2乗特性で動作するので、真の平均値を検出できます。

チャネル
1
使用可能なパワー・センサ/パワー・メータ
N1913A/14A and E4418B/19B EPM power meters N1911A/12A and N8262A P-series power meters
コネクタ・タイプ
Waveguide flange: UG-387/U Flange, EIA WR-12
特長
Maximum SWR: Option 100: <1.06 Option 200: <1.28
周波数レンジ
60 GHz to 90 GHz
最大周波数
90 GHz
チャネル
使用可能なパワー・センサ/パワー・メータ
コネクタ・タイプ
特長
周波数レンジ
最大周波数
1
N1913A/14A and E4418B/19B EPM power meters N1911A/12A and N8262A P-series power meters
Waveguide flange: UG-387/U Flange, EIA WR-12
Maximum SWR: Option 100: <1.06 Option 200: <1.28
60 GHz to 90 GHz
90 GHz
さらに表示
チャネル:
1
使用可能なパワー・センサ/パワー・メータ:
N1913A/14A and E4418B/19B EPM power meters N1911A/12A and N8262A P-series power meters
コネクタ・タイプ:
Waveguide flange: UG-387/U Flange, EIA WR-12
特長:
Maximum SWR: Option 100: <1.06 Option 200: <1.28
周波数レンジ:
60 GHz to 90 GHz
最大周波数:
90 GHz
最大パワー:
+20 dBm (100 mW)
測定タイプ(サポートされているパワー・メータ):
N1913A/14A and E4418B/19B EPM power meters N1911A/12A and N8262A P-series power meters
測定タイプ:
Average/CW only
パワー・レンジ:
Option 100: 1 μW to 100 mW (-30 to +20 dBm) Option 200: 1 nW to 100 mW (-60 to +20 dBm)

Standard Configurations

Interested in a E8486A?

Featured Resources for E8486A Waveguide Power Sensor

すべてのリソースを表示

すべてのリソースを表示

Want help or have questions?