Provides excellent output SWR at the auxiliary arm when used for source leveling or ratio measurement applications

HIGHLIGHTS

  • 周波数レンジ: DC~26.5 GHz
  • 等価出力SWR: 1.22
  • 最大入力パワー: 0.5 W
  • 挿入損失: 7 dB
  • 2ポート間のトラッキング: 0.25 dB(~18 GHz)、0.40 dB(~26.5 GHz)

Keysight 8757スカラ・ネットワーク・アナライザを使った広帯域比測定を行う場合、Keysight 11667Bパワー・スプリッタの使用を推奨します。この2抵抗型のパワー・スプリッタにより、信号源のレベリングや比測定アプリケーションに使用した場合、補助アームにおける優れた出力SWRを実現します。DC - 26.5GHzの周波数レンジで、出力アーム間のトラッキングを行うことにより、不確かさを最小限に抑えた広帯域測定を行うことができます。

ご要望、ご質問はございませんか。