IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers) 802.3イーサネット規格は、ローカル・エリア・ネットワーク(LAN)およびデータセンター用に全世界で最も広く用いられている規格です。この規格には、データ・センター・アプリケーションで用いられる光、電気チップ-モジュール間、チップ間、およびバックプレーンの実装が定義されたセクションがあります。物理層コンポーネントおよびリンク全体のデザイン要件には、低コストの実装、優れたエラーマージン、でありより高い信頼性などがあります。

イーサネットデバイスでは、デザイン、特性評価、コンプライアンスから製造テストに至るまで、規格で定められた厳格な仕様を確実に満たすために、製品ライフサイクル全体にわたってテストする必要があります。キーサイトは、イーサネットデザインのさらに詳細な解析を可能にすることで、市場投入までの期間短縮を支援します。

イーサネットコンピューターI/O

イーサネットは、職場や家庭の環境で一般的に用いられています。パソコン、ノートパソコン、サーバーをネットワークルーター、スイッチ、ハブに接続することが役割です。今日の民生用イーサネットデバイスは低価格化しているため、利益率が低くなり、大量に製造されるようになっています。キーサイトは、イーサネットデザインに必要なすべてのパラメータを短時間で正確にテストすることで、デバイスの品質、信頼性、相互運用性を保証するためのお手伝いをします。

イーサネット有線接続

IoT(モノのインターネット)、VR(仮想現実)、ストリーミングビデオなどにより、無線アクセスに膨大な需要が発生し、アクセスポイントの有線リンクに要求される速度はますます高まっています。IEEE 802.3bzは、既存のCat5eとCat6のケーブルを使用して、最大100 mの距離で、それぞれ2.5 Gb/sと5 Gb/sの速度を実現するイーサネットのバリアントです。これにより、天井に配線されたケーブルを交換しなくても、無線アクセスポイントとアグリゲーションスイッチの間で、ブロッキングのないマルチギガビット接続を実現できます。キーサイトは、業界仕様に基づきイーサネット機器のコンプライアンスをテストすることで、ケーブルインフラの制限された帯域幅でシームレスな機能の確認をお手伝いします。

イーサネットバックプレーン

イーサネットバックプレーンを使用すると、さまざまな種類のモジュール、ブレードが共通のインタフェースを使用して通信できます。バックプレーンインタフェースの速度は1 Gb/sから25 Gb/sまでさまざまです。複数レーンで使用した場合、バックプレーンリンクは100GBASE-KR4など最大100 Gb/sまで拡張できます。バックプレーンのサイズや収容するラインカードの数はさまざまであるため、イーサネットデバイスは可変トレース長に適合しなければなりません。キーサイトは、バックプレーンデザインのコンプライアンスと相互運用性の複雑さに対処するためのお手伝いをします。

ご要望、ご質問はございませんか。