Vision ONE

Vision ONE

オールインワンツールで高性能、損失のない可視化を実現

本製品をすで持っていますか? テクニカルサポートにアクセスする

ハイライト

  • ポイント・アンド・クリック機能で使いやすいウェブインタフェース
  • NetStack、PacketStack、AppStack、SecureStack、MobileStackの機能を内蔵
  • 弾力性が高く、アクティブ-アクティブなインラインおよびアウトバウンド機能
  • 最大 64 10G ポート / 最大 4 40G ポート
  • インラインおよびアウトオブバンドの同時モニタリング機能
  • キーサイトのIxiaファブリックコントローラー(IFC)をサポート
  • 1 RU

新規:Vision OneのVoice Over IPモニタリング

データ、速度、品質、音声サービスの需要が急増するにつれて、モニタリングプローブの需要も急増しています。 Vision ONEシステム上のMobileStackの一部であるKeysightのVoiceOver IP(VoIP)モニタリングは、プローブへのストレスを軽減しながら、ネットワーク上のトラフィックの可視化を回復するのに役立ちます。 VoIPは、VIP顧客をホワイトリストに登録し、トラフィックの増加に合わせて拡張しながら、発信者と着信者の両方の電話番号を監視して、プローブが管理可能な容量で必要なデータを受信できるようにします。

MobileStackページの詳細をご確認ください。

Vision ONEシステムの脅威インサイトを使用して、マルウェア、ボットネット、エクスプロイト、ハイジャックされたIP、およびフィッシング活動を認識します。 SecureStackページで脅威インサイトをご確認いただき、ダッシュボードの概要については右にある動画をご覧ください。

ネットワークセキュリティとトラブルシューティングを詳細に表示する単一プラットフォーム

課題:見えない脅威との闘い

ネットワーク管理に見えないものと、戦うことができません。 暗号化されたトラフィックに巧妙に隠された脅威は、セキュリティ管理やITチームの監視の目を簡単にバイパスできます。 新規または未知のアプリケーションの突然の急速な拡張に伴うアプリケーション帯域幅の急増は、ネットワークの可用性と正常性を脅かすまで検出されない可能性があります。 これらの問題を増幅する方法はいくつかありますが、ネットワーク上のすべてのトラフィックとアプリケーションを完全に可視化するには、ツールの複雑な組み合わせが必要になることがあります。 また、無数のセキュリティおよびパフォーマンス監視ソリューションを管理すると、ネットワークパフォーマンスが低下する可能性があります。

ソリューション:可視化インテリジェンスでネットワークセキュリティを強化し性能を最適化

キーサイトのVision ONE™は、組織がセキュリティを維持し、単一プラットフォームから物理および仮想化の両インフラでの性能問題を特定して解決することが可能なターンキーデバイスです。 Vision ONEは、暗号化されたトラフィックに隠された脅威と戦う場合でも、適切なデータを適切なフォレンジックソリューションに提供する場合でも、パフォーマンスに悪影響を与えることなくネットワーク保護を強化します。 最善のインラインセキュリティとアウトバウンド分析ツールを組み合わせて階層型防御を構築するか、エンタープライズネットワークで何が起こっているかを理解するのに役立つ強力な基盤を構築します。 いずれの方法でも、Vision Oneは完全なネットワークセキュリティに向けた重要なステップです。

統合されたAppStack機能を利用して、キーサイトのVision ONEネットワークパケットブローカー(NPB)を使用すると、レベル2〜4のトラフィックだけでなく、レイヤー7のアプリケーショントラフィックもフィルタリングおよび可視化できるため、疑わしいアプリケーションにタグを付けて監視できます。 これにより、ユーザーは不正なアプリケーションや、許可されていない地域から出入りするトラフィックやパケット、深夜に機密データに対して実行される疑わしいファイル転送プロトコル(FTP)転送など、異常なアクティビティをすばやく見つけることができるため、セキュリティ上の利点が得られます。

この機能だけでも、過去3年間に企業や機関が被った最も悪名高いデータ侵害のいくつかを軽減させることになります。

統合されたAppStack機能は、顧客がWebアプリケーションプログラムインターフェイス(API)を介してリアルタイムのアプリケーションレベルのトラフィックとメタデータを表示したり、フィルター処理、復号化してフォレンジックモニターまたはアプリケーションモニターに送信してさらに検査できるため、パフォーマンス上の利点も提供します。

Vision ONEは、必要だと気づかなかったネットワークインフラの最も重要な部分です。

FIPS 140–2 検証済

キーサイトのVision OneおよびVision 7300パケットブローカーは、FIPS 140-2で検証されており、DoD UC APLにリストされています。

認証の詳細

キーサイトとFIPS 140-2について詳細をご覧ください。

可視化インテリジェンス

キーサイトの主要な可視性インテリジェンス機能を積み重ねて、トラフィック分析とセキュリティツールのパフォーマンスを最適化します。 ネットワークパケットブローカー、仮想またはクラウドプラットフォームで使用されるインテリジェント機能の広範なセットにより、ツールのニーズに固有のトラフィックを変更、加工、および転送できます。 さらに、業界固有の特殊な機能を提供します。 各機能は、物理データセンターでもクラウドでも最高のパフォーマンスが得られるように、専用の設計で実行されます。 各スタックをクリックすると詳細が表示されます。

注目のリソース

ご要望、ご質問はございませんか。