コモンクライテリア、FIPS 140–2、およびDoDIN APL

米国連邦政府認定のセキュリティを備えたキーサイトのネットワーク・パケット・ブローカー

当社のすべてのネットワーク・パケット・ブローカーは、コモンクライテリア、FIPS 140-2、DoDIN APLで認証されています。 政府機関、軍事、その他のセキュリティを重視する組織に対して、これらの可視化ソリューションが最高水準のセキュリティ完全性を満たしていることを保証できます。

最新の認証はソフトウェア・モジュール・アプローチを活用しているため、これらの新しい認証は常に最新のソフトウェア機能強化の恩恵を受けます。 これらの認定は、Vision Edge OSおよび今後のVision NPBなどすべてのVision NPBで有効です。

FIPS 140–2とは何でしょうか。

FIPS 140-2は、NIST(米国国立標準技術研究所)とCCCS(カナダサイバーセキュリティセンター)が発行している標準規格で、暗号ソリューションとモジュール用のセキュリティ要件をまとめたものです。

暗号モジュール(各モジュールは1〜4のセキュリティレベル評価を取得)の設計と実装に関連するセキュリティ要件の11分野で製品をテストします。

Vision ONEVision XVision E10sE40E100Vision 7300、およびTradeVisionなど、v5.3ソフトウェアを搭載したVisionネットワーク・パケット・ブローカーはFIPS 140–2レベル1で検証されています。 さらに、v4.5のVision ONE は、FIPS 140-2 レベル2の検証を受けており、v4.5のVision 7300は、従来レベル1であったものがレベル2になっています。

コモンクライテリア認証とは

Common Criteria for Information Technology Security(情報技術セキュリティ評価のためのコモンクライテリアで、コモンクライテリア、またはCCと略す)は、コンピューターセキュリティ認証の国際規格です。

キーサイトのv5.3ソフトウェアによるネットワーク・パケット・ブローカーの認証が進行中であり、2020年半ばに完了する予定です。 v4.5ソフトウェアを使用するVision ONEおよびVision 7300は、2017年10月30日にNDcPP v1.0に対して認証を取得しました。

DoDIN APLとは何でしょうか。

米国国防総省は、2011年に米国国防総省情報ネットワーク認定製品リスト(Department of Defense Information Network Approved Products List、DoDIN APLと略す)を作成し、政府機関のセキュリティ懸念事項に対処するためにテストされた信頼性のあるソリューションを特定しています。

DoDIN APLは、国防総省のテクノロジーインフラ内への配備において、安全で信頼性が高いと認定された購入可能な製品のマスターリストです。 2020年4月20日より、Vision ONEVision XVision E10sE40E100Vision 7300、TradeVisionをはじめ、v5.3ソフトウェアを搭載したVisionネットワーク・パケット・ブローカーがリストに記載されています。 さらに、VisionONEおよびVision7300は、2017年2月14日より有効なv4.5ソフトウェアを実行していると以前にリストされていました。

DoDIN APLにリストされた製品により、連邦政府機関の顧客は、高性能で使いやすい幅広いネットワーク可視化ソリューションが利用できます。

ネットワークパケットブローカー

高性能ハードウェアアクセラレーション—使いやすいGUIで機能とフィルターをオンにしても、パケットのドロップはありません。

ご要望、ご質問はございませんか。