ハイライト

アプリケーション:5G NRネットワーク機器および無線部品の大規模テスト

  • 5G NR基地局トランシーバーシステム
  • リモート無線ヘッド(RRH)、分散ユニット(DU)、アクティブアンテナアレイ、増幅器、チップセットなどを含む5G NRコンポーネント
  • 使い慣れた業界で実績のあるアプリケーション・ソフトウェア(N9085EM0E 5G NR 測定アプリケーション)を使用したパワー、SEM、ACLR、EVMなどの測定
  • BK1オプションを使った干渉コンフォーマンステスト機能

利点

  • ベンチトップ測定器と比較して設置面積が小さく、テストスループットがとても高いため、テストコストを削減できます(「クラウド・レディ」)。
  • 22.7 GHzから49.2 GHzの全帯域で2つの偏波をヘッド内で切り替えられる単一の双方向性リモートヘッドにより、OTA対応でスペースとコストを削減、チャンバーで最高のパワーとEVMを提供
  • 製造効率:Tx/Rxの全周波数帯域で1.2 GHz BW、低EVMとACLR、単一測定器として動作(スイッチング、ヘッド、API、測定を含む)、校正済みシステムの精度で簡単な自動化により手直しや誤判定を低減
  • E6681A、S9100A、S9101Aなどの他のキーサイトのノンシグナリングソリューションから既存のコードを再利用することにより、テスト開発時間を最小限に抑制
  • テストセットアップでケーブルのつなぎ直しをする必要がなく、同じシステムでFR1およびFR2の両方の測定をサポート

機能

  • 5G NR(3GPP リリース15以降)波形の広帯域信号生成と解析で次の両方に対応:FR1(380 MHz~6 GHz)およびFR2(22.7 GHz~49.2 GHz)
  • 「OTAフレンドリー」で拡張可能なアーキテクチャー:スイッチングや長いケーブル配線による高い損失を回避し、1つまたは2つのリモートミリ波ヘッドと偏波、複数のTx/Rxチャネルをサポート

測定アプリケーションおよびソフトウェア

  • S9101Aシステムには、キーサイトN9085EM0E 5G NR測定アプリケーション、Y9085EM0E 5G NRノンシグナリング波形および測定アプリケーションが含まれています。
  • その他の推奨ソフトウェア:プレ5G用N7631C Signal Studio Pro、プレ5G用N7630C、カスタムIQおよびOFDM用N7608C 、89600 VSAソフトウェア、KS8400Aテスト・オートメーション・プラットフォーム

キーサイトS9110A 5Gマルチバンド・ベクトル・トランシーバーは、トランシーバ1つあるいは2つでFR1(380 MHz~6 GHz)をカバーし、1つまたは2つのミリ波トランシーバーでFR2(22.7 GHz~49.2 GHz)をカバーします。

Generator/Analyzer Bandwidth
1.2 GHz
最大周波数
46 GHz
性能レベル
◆◆◆◆◆◇
Wireless Standard
FR1
FR2
Generator/Analyzer Bandwidth
最大周波数
性能レベル
Wireless Standard
1.2 GHz
46 GHz
◆◆◆◆◆◇
FR1
FR2
さらに表示
Generator/Analyzer Bandwidth:
1.2 GHz
最大周波数:
46 GHz
性能レベル:
◆◆◆◆◆◇
Wireless Standard:
FR1
FR2
S9110A

S9110Aに関心をお持ちいただけましたか。

ご要望、ご質問はございませんか。