スペクトル、振幅、位相、群遅延によるRFコンポーネントの特性評価

  • スペクトル、波形、振幅、位相、利得振幅、利得位相、群遅延(絶対または相対)等の測定により、RFコンポーネントを特性評価
  • 群遅延測定のためのトーン数、トーン間隔をユーザーが柔軟に定義可能
  • トーンの位相は、ゼロ位相、ランダム位相、パラボリック位相の3種類から選択できます。 トーンテーブルをtxtまたはcsv形式でインポートすることができます。
  • U9361 RCALレシーバーキャリブレーターを「電力測定を使用」としてサポート。
  • キーサイト Xシリーズ信号発生器(MXG、EXG)およびVXGマイクロ波信号発生器によるマルチトーン信号発生に対応
  • キーサイトは、UXA/PXA/PXE用のNモデル、MXA/EXA/MXE/VXT用のEモデルという、階層的なX-アプリケーションモデルをサポートしています。 上位のX-アプリケーションモデルは、下位のプラットフォームで実行可能です。つまりNモデルは、すべてのプラットフォームでEモデルは、MXA/EXA/MXE/VXTでのみ実行可能です。

ご要望、ご質問はございませんか。