ハイライト

アプリケーション

  • 光トランシーバーテスト
  • 光ネットワーク統合テスト

パワー設定および制御モード

すべてのN77-C可変光アッテネータで利用可能なパワー設定モードで、アッテネータ出力のパワーレベルが設定されています。 N7764Cは、モニタタップの後にあるフォトダイオードからのフィードバック信号を使用して、光出力で必要なパワーレベルを制御します。

パワーコントロールがアクティブの時、設定する出力パワーレベルを±0.02 dB再現性(代表値)で維持するように、測定器も自動的に入力のパワー変化を修正します。

減衰範囲
0 dB to 40 dB
Fiber Mode
Single-mode
Insertion Loss Choice
<2.2 dB at 1550 nm
適合するメインフレーム
Standalone
Number of Channels
4
Power Meter Ports
n/a
減衰範囲
Fiber Mode
Insertion Loss Choice
適合するメインフレーム
Number of Channels
Power Meter Ports
0 dB to 40 dB
Single-mode
<2.2 dB at 1550 nm
Standalone
4
n/a
さらに表示
減衰範囲:
0 dB to 40 dB
Fiber Mode:
Single-mode
Insertion Loss Choice:
<2.2 dB at 1550 nm
適合するメインフレーム:
Standalone
Number of Channels:
4
Power Meter Ports:
n/a
Power Setting Mode:
-50 dBm to +20 dBm
Wavelength Range:
1260 nm to 1640 nm
N7764C 4チャネル光アッテネータ

N7764Cに関心を持っていただけましたか。

N7764C 4チャネル可変光アッテネータの注目のリソース

すべてのリソースを表示

すべてのリソースを表示

ご要望、ご質問はございませんか。