5G NR RedCapデバイスの特性評価

RedCapとは低減された機能5G NR デバイス(Reduced Capability 5G NR devices)の略です。 3GPPはリリース17でこの新デバイスタイプを承認し、5GがIoTデバイスと容易に使用できるようにしました。 低減された5G NR 機能により開発と製造中のコストを低減することができます。 一般的にIoTは、ウェアラブルで、業界センサ、スマートホーム/シティ、セキュリティー、監視などのアプリケーションで低コストデバイスを使用します。 当社の無線ネットワーク・エミュレーション・ソリューションが、RedCapデバイスで機能とRFテスト中にコスト削減にどのように役立つか、詳しくはこちらをご覧ください。

ハイライト

キーサイトE7515R UXM 5G無線テストソリューションは、5G RedCapおよびCellular Internet of Things (CIoT) 技術に最適化された低減された機能ハードウェア・テスト・プラットフォームです。 最新の3GPP 5G New Radio (NR) Release17 (Rel-17)、E7515R UXM 5Gワイヤレス・テスト・ソリューションは、5Gコールを被試験デバイス(DUT)とともに確立し、RF、プロトコル、機能、性能テストを実行し、デバイスの規格準拠とユーザー体感を確保します。

E7515Rは、業界最先端のE7515B UXM 5G無線テストプラットフォームと同じハードウェアアーキテクチャで構築され、デバイス開発ワークフロー全体を初期デザイン、開発から認証テスト/受け入れ検査、製造、修理を通してサポートします。 E7515RはE7515Bと同じ実証済みのソフトウェアソリューションです。

このソリューションにより1台で包括的なテストカバレージが実現されます、次の機能を含みます。

  • プロトコル/RF/ファンクション(IPデータ、音声、バッテリーなど)テスト
  • Rel-17 RedCap(FDD、HD-FDD、TDD)
  • NB-IoT
  • Cat-M1
  • LTE Cat-1 to Cat-4

主な仕様

周波数レンジ
380 MHz to 3.8 GHz
3.8 GHz to 6 GHz
帯域幅オプション
800 MHz
Technology
RedCap
NB-IoT
Cat-M
LTE
周波数レンジ
帯域幅オプション
Technology
380 MHz to 3.8 GHz
3.8 GHz to 6 GHz
800 MHz
RedCap
NB-IoT
Cat-M
LTE
さらに表示
追加機能:
R17 UL Coverage Enhancements
Aggregated NR Bandwidth:
100 MHz
帯域幅:
800 MHz
帯域幅オプション:
800 MHz
周波数レンジ:
380 MHz to 3.8 GHz
3.8 GHz to 6 GHz
インタフェース:
Baseband IQ
内蔵ポート数:
2 Tx DL + 2 Rx UL RF ports @ 100MHz
Number of RF Ports:
4 total (2 DL; 2 UL)
Technology:
RedCap
NB-IoT
Cat-M
LTE
テスト環境:
Protocol
RF
Functonal testing: IP data; Voice; Battery

ご要望、ご質問はございませんか。