自動車/エネルギー革命

自動車業界は、電子化テクノロジー革命を受け入れ、さらにエネルギーエコシステムとの融合を進めています。2020年までに、全体の90 %の車両がコネクテッドカーとなり、2030年までには全体の30 %の車両が電動化・電子化されると考えられています。新しい自動車に搭載されるセンサやアプリケーションの数は劇的に増えており、車載の接続技術はIoTのエンドポイントから、IoTデバイスに接続されているネットワークエッジのホスティングクラスターにまで進化しています。自動車の電動化においても、単純なバッテリー駆動から、完全な組み込みパワーグリッドへと進化してきています。一方、センサ、通信、集中処理、電力変換といった車の回路は、データ接続性のスループット強化やセキュリティー強化と共に、電力効率に合わせて最適化する必要性が高まっています。

キーサイトは、包括的な自動車/エネルギーソリューションを通じて、車両システム全体の高い信頼性、基準への適合、求められる安全性やセキュリティーの実装を確実に実現します。

クロスドメインテクノロジーを通じて自動車の革新を実現

自動車メーカーのOEM、電子部品サプライヤ、半導体チップセットメーカー、バッテリー/充電インフラプロバイダー、コンプライアンスラボといった会社に対し、キーサイトはコネクテッドカーに革新をもたらすエコシステム全体に次々とテストソリューションを提供します。

  1. LED(ヘッドライト、ダッシュボードディスプレイ)
  2. LIDAR
  3. eCall/ERA-Glonass
  4. 燃料噴射装置
    パワートレインおよびエンジン管理(MiL、SiL、HiL)
  5. アダプティブ・ライティング・コントロール
  6. 衝突防止レーダー
  1. タイヤ空気圧モニタリング
  2. インフォテインメント/ナビゲーションモジュール
    DVD、ハンズフリー電話、GPS
  3. パワーステアリング制御
    後方確認用カメラ
    バックアップセンサ
  4. エアバッグシステム用乗員判別システム
    (PODS)
  1. リモート・キーレス・エントリー
  2. 車載用イーサネット/シリアルバス
  3. ハイブリッド電気自動車(HEV)/電気自動車(EV)のバッテリーおよびインバーター
  4. HEV/EV用車載充電器
  5. 電子安定制御モジュール
  6. 車とモノの通信(V2X)

自動運転環境におけるより高い安全性の確保

自動車の接続性が増すにつれ、車両はセキュリティー攻撃を受けやすくなっています。テレマティクス電子制御ユニット(ECU)に対する侵入テストで、脆弱性の存在する場所を検出できます。キーサイトは、ドライバーによるドアのアンロック、エンジンの始動、無線(OTA)ソフトウェアアップデートの実行が可能なWi-Fi/LTE接続の搭載が増加している、車のテレマティクスユニットへの侵入テストを実施します。また、コネクテッドカー/自動運転車の地図、最新の交通情報、気象情報などのデータサービスを提供するOEMプライベートクラウド上で、BreakingPointを使用したその他のセキュリティーテストを実施します。

自動車/エネルギー・セミナー・シリーズ

このシリーズは、高速デジタル車載用インタフェース、車載用携帯電話およびWi-Fiマルチモード、車載用イーサネットのデバッグおよびコンプライアンス、高速パワーエレクトロニクス、電力変換器のデザインおよびテスト、パワー・インテグリティー・エコシステム、EMCコンプライアンスおよびコネクテッドカー、車載用レーダーテストなど、デバッグ/検証に関する幅広いテーマをカバーしています。

自動車用材料に関する科学

車載用バッテリーおよびコンポーネントは必要不可欠な要素です。しかし過酷な作動条件や環境の影響を受けやすいため、材料科学では、さまざまな物理的・化学的損傷条件に対する耐性が求められるこれらのコンポーネントのニーズに対応することが非常に重要です。

将来の車両電化テクノロジーの強化

再生可能エネルギーおよび持続可能なエネルギーは、世界のエネルギー需要が高まり続けるにつれ、重要な検討事項となってきています。新しいスマート・グリッド・テクノロジーの研究開発、電気自動車の試験、バッテリーの製造、これらの革新技術の多くを制御するパワー半導体デバイスの実現のいずれにおいても、エネルギー効率が技術革新の成功を左右します。

キーサイトのソリューションが、ソーラーグリッドのエネルギー効率をどのように向上させ、高電力/高電圧の電気自動車のバッテリー試験、セルの自己放電の特性評価、電源デバイスのモデリングをどのようにエミュレートできるかをご確認ください。

  • 1,500 Vの太陽電池インバーターの使用を検討すべき理由の確認
  • 従来よりも非常に短い時間で、リチウムイオンの自己放電を評価可能
  • キーサイトの専門家のヒントにより、電力変換器のデザインの信頼性と効率を向上可能

キーサイトは、エネルギー効率を最大化するために必要な、デザインおよびテストソリューションを提供しています。

ご要望、ご質問はございませんか。