PathWave EM Design(EMPro)

コンポーネントの3次元効果を解析する電磁界シミュレーションソフトウェア

3次元電磁界効果を正確に解析

実際のプロトタイピングを開始する前に、電磁界(EM)シミュレーションによって知見が得られます。速度と確度を向上するために電磁界シミュレーションをカスタマイズします。電磁界解析と回路シミュレーションを統合できます。

  • 信頼できるアルゴリズムで信頼性を向上
  • PathWave回路デザインソフトウェアと容易に統合
  • カスタム設定でシミュレーション時間を短縮
  • 実際のプロトタイプで行うよりも迅速に問題への知見を獲得
  • タイムドメインと周波数ドメインの両方でデザインをシミュレート
  • Pythonのスクリプトとデバッグ機能でカスタマイズ

電磁界ワークフロー効率を最大化

電磁界シミュレーションは実行に長時間かかる場合があります。電磁界シミュレーションソフトウェアとPathWave回路デザインソフトウェアの統合によって、インポート/エクスポート時間を短縮できます。電磁波解析と回路シミュレーションを統合して効率を最大化します。

最適な製品を検索

バンドル

モデル番号 バンドル名 概要  
W2401BP EMPro コア環境 任意の3次元オブジェクトを作成し、その他のCAD環境から既存モデルをインポートする3次元ソリッドモデリング環境 詳細はこちら
W2402BP EMPro コアおよびFEMシミュレータ 任意の3次元オブジェクトをデザイン・インポートし、有限要素法(FEM)シミュレーションを実行する環境 詳細はこちら
W2403BP EMPro コア、FDTD、コンプライアンス 任意の3次元オブジェクトをデザイン・インポートし、時間領域差分法(FDTD)シミュレーションを実行する環境 詳細はこちら
W2404BP EMPro コア、FEM、FDTD、コンプライアンス タイムドメインおよび周波数ドメイン・シミュレーション・テクノロジーの両方を1つのパッケージで提供 詳細はこちら

エレメント

モデル番号 エレメント名 概要  
W2405EP 時間領域差分法(FDTD)シミュレータ 広範な電磁界アプリケーションに有効な、FDTDモデリング手法に基づく3次元電磁界シミュレーションエンジン 詳細はこちら
W2342EP 有限要素法(FEM)シミュレータ FEMに基づく3次元電磁界シミュレーションエンジンで、PathWave EM Design(EMPro)やPathWave ADSコアと共に使用可能 詳細はこちら
W2406EP コンプライアンスアルゴリズム 補聴器互換性(HAC)や比吸収率(SAR)などのアプリケーションに対応する高度なテストアルゴリズム 詳細はこちら
W2344EP 分散コンピューティング コンピュートクラスターの8つのノードで最大8系の並列処理により、コンピューティング8パックがEMProシミュレーションを加速 詳細はこちら

これらの製品の1つを既にお持ちの場合は、テクニカルサポートにアクセスしてください

ご要望、ご質問はございませんか。