ハイライト

  • 高確度の雑音指数測定およびノイズパワー測定を実現
  • Y-ファクタ法や他のコールドソースを実装した場合を上回る確度
  • オプションのスカラ校正法により、インピーダンスチューナーがなくても高速測定が可能

S95029B では、測定器の標準レシーバーを雑音指数測定に使用します。 過剰雑音 (利得+雑音指数 (dB)) が 30 dB 未満のデバイスには、外部プリアンプやフィルターが必要です。 S95029B は、M980xA PXI VNA で使用するためにインピーダンスチューナーとして構成された Keysight N4690 シリーズ ECal モジュールを制御できます。

校正の際、Sパラメータの校正には、標準メカニカルキットまたはECalモジュールが必要です(チューナーとして使用されるECalは、校正には使用できません)。 雑音指数測定のために標準レシーバーを校正する際には、パワーメータが必要です。 すべての校正アクセサリを個別にオーダーする必要があります。

キーサイト ネットワーク・アナライザ・ソフトウェアの詳細

無料の試用版

  • 30 日間の無料試用ライセンスを入手
  • M980xA でソフトウェアアプリケーションを実行可能

S95029B に関心を持っていただけましたか。

ご要望、ご質問はございませんか。