ハイライト

  • N522xB/N523xB/N524xB PNA シリーズ ネットワーク・アナライザで最高 13.5 GHz の高性能スペクトラム解析
  • 高速スプリアスサーチ
  • マルチチャネルSA(内蔵掃引信号発生器搭載)
  • VNA 校正を使用したインフィクスチャスペクトラム測定
  • 高速バンドパワー/ノイズパワー測定
  • 低 IMD ノイズフロアによる高速かつ正確なノイズパワー比 (NPR) 測定

S930904B スペクトラム・アナライザは、高性能マイクロ波スペクトラム解析を、最高 43.5 GHz の PNA ファミリーに追加します。 SAアプリケーションでは、データ処理の最適化と高速ステップFFT掃引により、広い周波数レンジで高速スプリアスサーチが可能です。 最大 5 台のテストレシーバー/基準レシーバーを使用して、複数のスペクトラム測定を同時に実行できます。 このマルチチャネルSAを内蔵掃引信号発生器と組み合わせて使用すれば、ミキサーや周波数コンバーターから発生するスプリアス信号を効率的に測定できます。 SAアプリケーションは、信号源パワー/レシーバー応答の校正およびフィクスチャディエンベディングにより、最高レベルの確度でインフィクスチャ/オンウエハースペクトラム測定が行えます。

大信号を測定する場合は、レシーバーの圧縮を回避するため、このオプションとレシーバーアッテネータ内蔵の PNA (N522xB) または PNA-X (N524xB) モデルを組み合わせて使用することをお勧めします。 PNA-L (N523xB) モデルと組み合わせて使用する場合は、フロントパネルのジャンパーを経由して外部アッテネータを接続することにより、レシーバーの圧縮を回避することができるので、テスト・セット・オプション 216 または 416 を使用することをお勧めします。 SA アプリケーションの上限周波数レンジは、インストールしている SA ライセンスまたは測定器のストップ周波数のどちらか小さい方によって決まります。

PNA SA アプリケーションは、NPR 測定を PNA ファミリーに追加します。 また、ベクトル信号発生器によるマルチトーン信号の発生など、測定セットアップを統合することができます。 PNA SA アプリケーションに採用された新しいコヒーレント測定技術とベクトルアベレージング技術により、スペクトラム・アナライザを使用した従来の NPR 測定に比べ、NPR および ACPR 測定をより高速かつ正確に行うことができるとともに、ダイナミックレンジも向上させることができます。

キーサイト ネットワーク・アナライザ・ソフトウェアの詳細

無料の試用版

  • 30日間の無料試用ライセンスを入手
  • PNAシリーズでソフトウェアアプリケーションを実行可能
S93072B Arbitrary Waveform Generation Software Screenshot

S930901Bに関心を持っていただけましたか。

S930901B スペクトラム解析、最高13.5 GHzに関する注目のリソース

すべてのリソースを表示

すべてのリソースを表示

ご要望、ご質問はございませんか。