ハイライト

  • PNAシリーズ Bモデル・ネットワーク・アナライザの周波数オフセット機能
  • ネットワーク・アナライザのミキサー/コンバーター測定に不可欠な機能

S93080B 周波数オフセット測定機能を使用すれば、レシーバーの同調とは関係なく、アナライザの内蔵信号源の周波数を設定できます。この機能は、外部デバイス構成を使用した外部信号源の構成に必要です。

この機能は、増幅器、ミキサー、周波数コンバーターの測定に重要です。ミキサーやコンバーターなどの周波数変換デバイスでは、定義上、DUTの入力周波数と出力周波数が異なるので、変換損失/利得(振幅と位相の両方)の測定には周波数オフセット機能が必要です。

増幅器測定では、増幅器の高調波の測定や、3次インターセプト(TOI)またはIP3測定の入力信号として内蔵信号源を使用する場合に、周波数オフセット機能が必要です。

S93080Bの機能は、S93029/082/083/086/087/090x/093/094Bにも搭載されています。

S93080Bは、PNAシリーズ Aモデル・ネットワーク・アナライザのオプション080と同等です。

無料の試用版

  • 30 日間の無料試用ライセンスを入手
  • PNA シリーズでソフトウェアアプリケーションを実行可能

S93080B に関心を持っていただけましたか。

ご要望、ご質問はございませんか。