ハイライト

  • シングル/マルチレーン D-PHYSMレシーバーを迅速に特性評価
  • 信号パラメータの信頼性の高い自動校正
  • 自動化および無人化テストが可能な、完全かつ準拠したRXテスト手順
  • お客様またはN5990Aキーサイト・テスト・シーケンサーによる手動またはプログラム制御で操作が可能
  • M8085DE1A D-PHYエディタにより、すべてのPHYパラメータをアプリケーション用語でセットアップ可能

Keysight M8085DC1Aレシーバー・コンフォーマンス・テスト・ソフトウェアは、Keysight M8195A任意波形発生器の価値を最大限に引き出し、使いやすいユーザーインタフェースでのD-PHY 2.1設計の簡単なテスト、デバッグ、特性評価に役立ちます。 このソフトウェアは、複雑なストレス信号の合成、校正、レシーバーのテスト手順を自動化し、人的要因に代わって一貫性と再現性を保証します。 プロセス中、N5990Aテストシーケンサーを使用して、ソフトウェアがテストレポートを生成し、さらなるデータ解析のためにHTMLまたはMicrosoftTM Excelフォーマットでエクスポートすることができます。

D-PHY 2.1 DUTのデバッグを容易にするために設計されたソフトウェアツールであるKeysight M8085DE1A D-PHYエディタを使用して、D-PHY 2.1テストステーションを完成させることができます。 このツールで複雑なD-PHY波形が作成でき、主にアドホックデバッギングに使用されます。

MIPI® は、MIPI Allianceの登録商標です。

M8085DC1Aに関心を持っていただけましたか。

ご要望、ご質問はございませんか。