コヒーレント光技術伝送テクノロジーは当初、長距離伝送で使用されていましたが、現在はメトロネットワークに進化し、データ・センター・インターコネクトにまで展開されています。高次直交振幅変調(QAM)を使用すると、データ転送速度を大幅に高速化し、スペクトル効率を大幅に向上させることができます。光トランシーバーには、すべてのコンポーネントのより厳しい仕様と性能マージンを備えた高密度の電子およびフォトニック統合が必要であり、トランシーバーのサイズ、コスト、および消費電力を削減する必要があります。トランシーバーを正確かつ効率的にテストできるので、次世代の高速インターコネクトをデザインを可能にします。

コヒーレント光技術トランシーバーのテスト

コヒーレント光伝送テクノロジーを使用したテレコムおよびデータコムトランシーバーは、リーチ、スペクトル効率、および消費電力に基づいて最適化されます。最適化を保証するには、二重偏波同相および直交(IQ)信号の分析のための柔軟でスケーラブルなテストソリューションが必要です。コヒーレント光信号解析で、エラーベクトル振幅、I/Qオフセット、I/Q不平衡、直交誤差、スキューなどの一般的な測定は複雑な作業です。次世代のインテリジェントな光ネットワークの展開を加速できます。

コヒーレント光レシーバー・テスト

次世代の光トランシーバーにより、通信サービスプロバイダーは、100GE、400GE、そしてすぐにテラビットのアプリケーションをサポートできます。光レシーバーを徹底的にテストするには、さまざまな変調方式とデータソースを使用して、複雑な波形の信号を光レシーバーに印加する必要があります。また、入力信号のスキューを補正し、事前に歪ませて、テストセットアップでリニアの信号劣化の原因を探り、光レシーバーの真の精度を測定することが大切です。弊社は、光トランシーバーの性能を素早く正確にテストするために支援します。

コヒーレント光デバイスのテスト

コヒーレント光伝送システムで使用されているEO/OEコンポーネントには独自のテスト課題があります。例えば、デュアル偏波I/Q変調器とイントラダイン・コヒーレント・レシーバーをテストするためには、伝送中の挿入損失の測定に不可欠です。コヒーレント光デバイスを完全に特性評価するには、帯域幅、ゲイン、不均衡、群遅延、スキューなどの多くのパラメーターを分析する必要があります。これらの測定は複雑で時間がかかります。これらの測定は複雑で時間がかかります。Keysightは貴重なテスト時間を節約し、コストを削減し、コヒーレント光デバイスの精度を確保できます。

ご要望、ご質問はございませんか。