IxVerify

IxVerify Hero 画像

業界唯一のプリシリコンテスト向けソリューション

この製品をすでにお持ちですか? テクニカルサポートにアクセスする

ハイライト

  • テストルーティングおよびスイッチング、または5G無線ユニット・チップ・デザイン
  • 世界中のユーザーをサポートするエラスティック・バーチャル・テスト・ソリューション
  • パケットおよび信号レート測定・統計へのアクセス
  • REST、Python、TCL、Perl、およびRubyの自動化をサポート
  • 豊富なエミュレータと統合し、チップデザインにおけるネットワークプロトコルの検証に必要な入力信号を追加します。
  • 仮想IxVerifyとエミュレーションシステム間のゼロ・パケット・ロスを保証
  • テスト構成およびスクリプトをプリシリコン/ポストシリコンのテスト環境全体で共有

問題:ネットワーク・チップ・デザイン検証が開発サイクルのかなり遅い段階で行われる

低遅延、高スループット、セキュアなトラフィックが必要なエンド・ユーザー・ストリーミング・アプリケーションやクラウドコンピューティングの利用そして5G展開が増えることで、ネットワーク容量の限界が押し上げられています。 この需要が最先端のアプリケーション専用集積回路(ASIC)およびシステム・オン・チップ(SoC)ソリューションを原動力とする超高速デバイスのマーケットを動かします。

何百というポートもしくはSmartNICデバイス上でテラビットトラフィックを管理できるイーサネットスイッチングのASICを実現することは時間も費用もかかります。 ビームフォーミング、プリコーディング、IQ復元、またはmassive MIMO展開のためのiFFTなどのO-RAN機能を維持するよう5G無線ユニットASICを設計するには、実装やテストのための膨大な作業が必要です。

厳正にチップデザインをテストするための適切なツール、知識、もしくは手法を知らなければ、コストがかかり印象を悪くさせる再設計をするはめになり、その結果マーケット投入時間に遅れが生じる可能性があります。

IxVerify

IxVerifyダイアグラム

エミュレーションベースの設計検証環境におけるIxVerifyの展開。

ソリューション:仮想の、スケーラブルなプリシリコンチップ検証へとシフト・レフトする

IxVerifyはプリシリコン検証に特化した業界初のテストソリューションです。 IxVerifyによりキーサイトとパートナーはともに、次世代検証フローと組み合わせて使う仮想デザイン検証ソリューションを提供し、EDAマーケットの変革を牽引します。そして柔軟性の向上を実現しながら、バーチャライゼーションを活用することで専門的で特殊なハードウェアのコストを削減します。

ルーティング/スイッチング、もしくは5Gデザインの検証において、IxVerifyはハードウェアデザインの検証を簡略化する、新しく改良されたテスト手法を可能にし、ハードウェアチームとソフトウェアチームの連携をさらに強め、製品ライフサイクルの早期段階でテストするシフト・レフトアプローチを実現します。

チップセット・ネットワーク・プロトコル・テストを簡略化

大量の仮想テストポートを同時に実行する機能とともに、IxVerifyはダイナミックに作られたトラフィックにより最大規模のチップデザインを検証する独自の機能も提供し、最高エミュレーション速度でのゼロ・パケット・ロスを保証します。

IxVerifyはイーサネットおよびTCP/IPプロトコルテスト用の450以上の定義済みパケットテンプレートを提供し、大容量のトラフィックを生成できます。

5Gテストには、IxVerifyは最新のORAN仕様に準拠しており、定義済みのテストモデルへのアクセスならびに5GNRフレームを業界標準に則って手作業で構成できる機能を提供します。 ソリューションの優れたユーザビリティとも相まって、このことは市販のどのソリューションより何百倍も早く複雑なテストシナリオを構成することを可能にします。

5GのためのIxVerify

ご要望、ご質問はございませんか。