このページのソリューションの一部はキーサイトの一事業であるイクシアによって開発されました。詳細を表示すると、イクシアのウェブサイトに転送される場合があります。

ネットワークの検証

イーサネットの高速化、ポートの高密度化、ネットワークスイッチ、ルーター、さらにソフトウェア・デファインド・ネットワークには、1つのネットワークインフラ上で、多くの異なる物理的テクノロジーおよび仮想化テクノロジーが必要とされます。アップグレードするたびにネットワークレベルのトラフィック規模、アプリケーションの多様性、攻撃への回復力を再評価することが求められます。エンドユーザーが求めるのはスピードとセキュリティーです。新しいネットワーク機器の導入においてエラーに甘んじる余裕はありません。

ネットワーク機器メーカーは、最新のアプリケーション、トラフィック量、ユーザー行動の多様性に対応できるか、機器を検証する必要があります。サービスプロバイダーと大企業も同様の検証が必要です。実際のネットワーク環境をテストする上で、妥協は許されません。

すべてのレイヤーでの完全なネットワークテスト

物理層からアプリケーション層に至るあらゆる層で機能をテストします。これにはソフトウェア・デファインド・ネットワーク(SDN)やネットワーク機能仮想化(NFV)も含まれます。ネットワークおよびデバイス上で、デザインどおりのデータフローを確保するために支援をします。

レイヤー1

デザインとシミュレーション、解析、デバッグ、コンプライアンステストなど、製品開発の全ステージにおいて、トランシーバーのイノベーションと高速デジタルデザインを検証します。

レイヤー2と3

SDN/NFVなど、何千台ものネットワークデバイスが接続された複雑なトポロジーを評価します。高度なトラフィックフローをエミュレートし、さまざまなネットワーク環境でストレステストを実施します。

レイヤー4~7

現実的な顧客モデリングシナリオを作成し、必要な規模においてネットワークとアプリケーションのテストとエミュレーションを実行し、有線のコンバージド・マルチプレイ・サービスの品質を測定します。

ソリューションの徹底的なテスト

新しいネットワーク機器の構築・展開がストレスの多い作業である必要はありません。最も現実的なトラフィックシナリオを使用し、ネットワークとアプリケーションをあらゆるレベルで確実にテストします。

セキュリティー

正当なトラフィックと最新の多様な攻撃を組み合わせてシミュレーションを実行し、最も現実的な環境で性能を検証します。

Wi-Fi

Wi-Fi IoT、Wi-Fi、HetNetについて、そのコアから顧客が利用するマネージドサービスに至るまで徹底的にテストします。

セルラー + 5G

5G、LTE、VoLTEの品質について、エッジからコアへ、さらに顧客が利用するマネージドサービスに至るまであらゆる部分を作成して測定します。

テスト環境の自動化

テストを高速化して、効率をアップします。TaaS (Testing as a Service)は、自動化された、高速で正確かつ再現性のあるアプローチを製品テストに適用します。テスト機器への投資を最小限に抑えながら、その一方でネットワークへの投資を最適化します。

TaaSの利点と特長

  • 世界トップレベルのテスト機器へのアクセス
  • 必要に応じて、プロの評価(資本支出対 運営費)を容易に経費計上
  • 実証済みで再現性のあるテストプランと方法
  • 経験豊富なテスト専門家が企業の技術担当者を補助

ネットワークテスト製品

IxVerify

チップデザインの検証
チップの「テープアウト」の後にバグを修正するコストは、途方もない金額に及ぶことがあります。基板製造前の段階でテストすることによって、リスクを減少することができます。予め定義された数百種類のパケットテンプレートを使って、イーサネットとTCP/IPプロトコルのトラフィックでデザインを推し進めます。一度に何百もの仮想化テストポートを実行し、動的にトラフィックを形成して、最大のエミュレーション速度でもパケットロスが生じないことを確認します。

開発者

DevOpsでの検証
開発サイクルの後半にバグを修正するコストは、最初のコーディング段階で行う場合に比べて4倍に膨れ上がります。開発の早いうちに最終段階のテストを行うことで、ソフトウェア開発のリスク、時間、コストを低減することができます。具体的には、多数のアプリケーション、セキュリティー攻撃、暗号化されたトラフィックのシミュレーションを実行します。捕捉されたパケットをデバッグのためにインポートして再生し、段階的な再生モードで実行することでブレークポイントを設定します。

BreakingPoint Cloud

クラウドセキュリティーのテスト
クラウドを運用している場合、クラウド環境のセキュリティー環境に関する継続的な理解が必要です。ハイブリッドITセキュリティーの効率性を評価するために、安全にモデル化されたセキュリティー侵害と脅威ベクトルを使用すれば可能になります。

BreakingPoint Cloudにより、セキュリティー・オペレーション・チームはセキュリティーについて実行可能な対策を把握し、積極的なリスク削減へとつなげることができます。

Hawkeye

アプリケーションの性能を向上
ユーザーが体感するサービス品質をリアルタイムで把握できます。有線または無線のネットワーク上で、Skype、Outlook 365、ウェブトラフィックを合成し、ノードとノードのテスト、実際のサービステストを行い、エンドユーザー体験を向上させます。

Hawkeyeは能動モニタリングが可能なプラットフォームで、ネットワークで起きていることを即座に知ることができます。

ネットワークテストの使用例

ネットワークのアーキテクト、開発者、オペレーション・チームメンバーの誰にとっても、ネットワークはめまぐるしく変化を続けています。ネットワークやキャリアの実際のトラフィック環境のシミュレーションを実行して、効率的に運用することは、デザインや運用の課題を解消するために重要です。

他のイノベーターがネットワークの課題を発見して解消する上で、弊社がどのように支援したかをご覧ください。

ご要望、ご質問はございませんか。