Column Control DTX

信号発生器の最適化のための 9つのベスト事例 – パート 1 | キーサイト

アプリケーションノート

よりよい測定のために

民生用無線でも、軍事通信でも、レーダーでも、スペクトラムには多く の干渉が存在し、帯域幅の不足はますます深刻になっています。信号の シミュレーションによるデバイスのテストが重要になっています。信号 発生器は、さまざまなコンポーネントやシステムのテストアプリケー ションのための精密で安定したテスト信号を供給します。

信号発生器の能力と性能を知ることは、正確で一貫した測定のための第 一歩です。このアプリケーションノートは2つのパートから構成され、信 号発生器を最適化するためのベスト事例について解説しています。 

パート1: 

1. 振幅確度の向上 

2. 広帯域幅信号性能の最適化 

パート2: 

3. スイッチング速度の最適化 

4. 信号発生器の位相雑音プロファイルの最適化

1. 振幅確度の向上

RF信号発生器は、RFコンポーネント、レシーバー、トランスミッター、システムのテストに用いられます。さまざまなアプリケーションに対応するため、広いパワー範囲が要求されます。信号発生器の出力パワー範囲は、ステップ アッテネータによって決まります。ステップアッテネータは、図1.1に示すように、アッテネータと自動レベリング 回路(ALC)のさまざまな組み合わせから構成されます。ステップアッテネータは、粗い刻み(5 dBステップ)でパワーレベルを下げる役割を果たし、ALC回路はアッテネータのホールド範囲内でパワーレベルを微調整する役割を果たします。

信号発生器は、RF出力ポートからきわめて正確な振幅レベルを供給します。一般的なテストセットアップでは、信 号発生器と被試験デバイス(DUT)の間に、ケーブル、フィルター、スイッチなどのパッシブデバイスと、増幅器やミキサーなどのアクティブデバイスが用いられます。これらの追加のコンポーネントによって、テストシステムに挿入 損失や利得が発生します。これらの要因を考慮して、DUTの入力で正確な振幅レベルが得られるようにする必要があります。また、RF信号発生器の出力レベルは、最大で25 dBm、最小で-120 dBm程度です。この範囲を超える信号が必要な 場合、増幅器を使用して出力パワーを増幅するか、アッテネータを使用して減衰させることができます。外部の増幅器、アッテネータ、またはその他のパッシブアクセサリを信号発生器と組み合わせて使用する場合、振幅 確度を最適化するためにいくつかの方法があります。一般的に使用される方法としては、ベクトル・ネットワーク・ アナライザ(VNA)を使用して信号経路全体の利得または損失を測定し、信号発生器に補正値を入力します。この後では、新しい信号発生器に内蔵された機能を使用して振幅確度を高めるためのベスト事例を紹介します。

 

×

営業担当者からご連絡させていただきます。

*Indicates required field

ご希望の連絡方法をお知らせください。 *必須項目です。
Preferred method of communication? ご登録のEメールアドレスの変更
Preferred method of communication?

送信ボタンのクリックによりお客様情報の収集と利用方法をお伝えする キーサイトプライバシーステートメント にご同意頂いたものとみなします。また、弊社及び弊社販売店からご連絡を差し上げる場合がございます。

ありがとうございました。

A sales representative will contact you soon.

Column Control DTX