高速の熱特性評価と電子機器のテスト | キーサイト

ホワイトペーパー

製品開発中の時間を節約そしてコストを削減

高速の熱特性評価が必要な理由

熱特性評価のプロセスは、多くの場合手間のかかる年密な作業です。そのためには、複数の温度ポイントの配線設定をはじめ、電圧、電流、抵抗などの別の種類の信号の測定も必要となります。プロトタイプ製品の特性を正確に評価するには、統計的に結果を裏付けることができるサンプルサイズをテストする必要があります。製品の開発段階が終了するまで、プロセスを何度も繰り返さなければなりません。

よって、高速の熱特性評価プロセスは以下の点で役立ちます。

  • 製品の熱特性について、素早く初期の定量的情報が得られる
  • 製品のトラブルシューティングを終了するまでの時間がかからない
  • 多くの反復や包括的なテストが柔軟に行える

熱特性評価とテストの重要性

デザインの特性評価が不完全であったり、不正確であったりした場合にビジネスに与える影響は、多くの研究開発(R&D)担当マネージャーが認識しているよりも深刻です。例えば、リリース後にエラーを修正するコストは、同じことをデザインサイクル中に行うよりも数倍も高いものになります。製品開発サイクルで欠陥が見つかるとスケジュールが遅れて、プロトタイプ作成でさらにリソースや材料のコストがかかる可能性があります。

プロセスを迅速に進めるための実践的な手順

高速の熱特性評価は正確な測定に基づく必要があります。熱特性評価を行う場合は、適切な手順を実行します。また、適切なツールと測定器を使用し、高速の熱特性評価と信頼性の高い正確な結果を確実に得られるようにします。

キーサイトの素晴らしい製品/ソリューションについてさらに詳しくご紹介いたします。今すぐダウンロードしてください!

×

営業担当者からご連絡させていただきます。

*Indicates required field

ご希望の連絡手段を選択してください。*必須項目です。
Preferred method of communication? ご登録のEメールアドレスの変更
Preferred method of communication?

続行することにより、プライバシーポリシーにご同意頂いたものとみなします。 こちらのデータの利用方法については、キーサイトのプライバシーステートメントをご確認ください。キーサイトプライバシーステートメント にご同意頂いたものとみなします。また、弊社及び弊社販売店からご連絡を差し上げる場合がございます。

ありがとうございました。

A sales representative will contact you soon.