5Gが変革する自動運転システム | キーサイト

ホワイトペーパー

先進的運転支援システム(ADAS)と自動運転による安全性の向上と死亡事故の削減

自動車事故による死亡者は毎年120万人に上り、死亡事故の90%は人的エラー(飲酒運転、速度違反、信号無視、運転中の携帯電話操作など)が原因です。120万人が死亡するというのは、500人乗りの飛行機が毎日7機墜落しているのと同じです。

自動車事故の数をできる限り0に近づけるため、自動車メーカー、車載用機器サプライヤー、政府機関、学界、さらに自動車以外の産業のプロバイダーが協力して、先進的運転支援システム(ADAS)や自動運転システムの開発を行っています。

この新しい自動車関連エコシステムでは、以下のような多くの先進技術が利用されています。

  • レーダー、LiDAR(Light Detection And Ranging)、光センサ(カメラ)によるセンサフュージョン
  • 車載イーサネットネットワーク、強力な信号処理、高精度ナビゲーションによる高解像度(HD)マッピング、人工知能(AI)を統合した高速情報システム
  • 車両間(V2V)、車両-ネットワーク間(V2N)、車両-インフラ間(V2I)、車両-歩行者間(V2P)、車両-ユーティリティー間(V2U)および最終的には車両とあらゆるものの間(V2X)の通信

最先端のセンシングテクノロジーと人工知能により、360度を認識して安全で信頼できる自動運転システムが実現されます。同様に、無線通信は車両、インフラ、歩行者のエコシステム全体を協調させる上で重要な役割を果たしています。これらのテクノロジーは安全に関わる重大な情報、その他の車両や歩行者の動き、交通情報、道路の状態などの共有、受信により、リスクを低減します。また、このデータは、自動運転車とADASシステムのパフォーマンスの最適化にも貢献しています。

2種類の既存の無線通信テクノロジーであるDSRC(Dedicated Short-Range Communications)と4G移動体通信LTEが現在車載無線通信に使用されており、近い将来も引き続き使用されるでしょう。しかし、これらのテクノロジーに存在する制限が、自動運転とADASシステムのミッションクリティカルな要件を維持する上で問題となります。どちらもギガビット/秒のデータレート、高速モビリティのサポート、大容量マシン通信、URLLC(ultra-reliable low latency、超高信頼低遅延)を実現していません。この文書では、最新の5G移動体通信ソリューションが、どのようにしてDSRCと4G移動体通信LTEの制限に対応し、より安全で高度な運転支援システムを実現しているのかを説明します。

キーサイトの素晴らしい製品/ソリューションについてさらに詳しくご紹介いたします。今すぐダウンロードしてください!

×

営業担当者からご連絡させていただきます。

*Indicates required field

ご希望の連絡手段を選択してください。*必須項目です。
Preferred method of communication? ご登録のEメールアドレスの変更
Preferred method of communication?

続行することにより、プライバシーポリシーにご同意頂いたものとみなします。 こちらのデータの利用方法については、キーサイトのプライバシーステートメントをご確認ください。キーサイトプライバシーステートメント にご同意頂いたものとみなします。また、弊社及び弊社販売店からご連絡を差し上げる場合がございます。

ありがとうございました。

A sales representative will contact you soon.