Column Control DTX

EEsof EDA レーダー/EWシステムテスト用の多次元信号の作成 | キーサイト

アプリケーションノート

はじめに

今日の電子戦(EW)システムは、特定の環境のレーダーおよび通信送信局を、敵味方を問わずモニターするように設計されています。EWレシーバーの重要な仕事は、入力信号(波形)を検出して、どの局から来たものかを正確に判定することです。信号送信局から得られる情報としては、局の位置、速度、波形タイプ、周波数バンドがあります。EWレシーバーは、あらゆる送信局からの信号情報を解析できることが必要です。

現実には、EWレシーバーに入力される信号は、さまざまなレーダー/通信送信局からの信号の組み合わせであり、局の位置と速度、および送信信号の時間波形と周波数バンドの複合情報が含まれています。EWレシーバーをテストするには、以下の特性を持つテスト信号が必要です。

  • 複数のレーダー/通信送信局からの信号であること。
  • EW受信信号の各成分は、送信局の位置(経度、緯度、高度など)と速度に関する情報と、局からの時間波形および信号の周波数ドメイン情報を含むこと。
  • マルチエミッターのオーバーラップまたは非オーバーラップ信号の構成であること。

このタイプのテスト信号は、多次元(MD)信号と呼ばれます。

EWレシーバーテストの例として、テスト運用環境を図1に示します。ここでは、EWレシーバー(EWRx)を使用して、4つのレーダー局があるエリアをモニターしています。EWレシーバーの仕事は、これらすべての信号を検出し、それぞれを認識して各送信局の位置、速度、時間波形、周波数成分を判別することです。

×

営業担当者からご連絡させていただきます。

*Indicates required field

ご希望の連絡手段を選択してください。*必須項目です。
Preferred method of communication? ご登録のEメールアドレスの変更
Preferred method of communication?

続行することにより、プライバシーポリシーにご同意頂いたものとみなします。 こちらのデータの利用方法については、キーサイトのプライバシーステートメントをご確認ください。キーサイトプライバシーステートメント にご同意頂いたものとみなします。また、弊社及び弊社販売店からご連絡を差し上げる場合がございます。

ありがとうございました。

A sales representative will contact you soon.

Column Control DTX