研究は、引き続き量子および第6世代(6G)セルラーなどの開発を推進しており、エンジニアがインフラと開発のハードルを克服してそれらをサポートする動機づけになっています。 セルラー技術の次のバージョンである6Gは、人と人、そして人と環境により密接に結び付いていくでしょう。 量子技術は、コンピューティングに革命をもたらし、トランジスタをキュービットに置き換えて、最も印象的なスーパーコンピューターよりも優れた性能を発揮します。 これらのアプリケーションには、高周波RF、デジタル信号の作成と処理、および高精度な電力制御における制御と精度のブレークスルーが必要となります。 初期のリサーチから設計および製造まで、キーサイトは私たちの世界を変えようとしているエンジニアをサポートしています。

6Gのリサーチ

次世代のセルラー技術により、即時通信、コネクテッドロボットや自律システム、ワイヤレスの人工知能インタラクションなど、人々が周囲の環境とやりとりするための独創的な方法が可能になります。 しかし、6Gを実現するには、コンピューティングアーキテクチャー、チップセットの設計および素材の大幅な改善が求められます。

サブテラヘルツ(THz)ならびにTHzスペクトルでの極限の帯域幅とより短い波長は、アンテナとデバイスの統合を高めながら、ビーム幅を縮小します。 キーサイトのソリューションは、5Gをはるかに超えてテストできる高度な機能を提供し、今日の6Gで発生する設計上の課題への対処が可能になります。

量子テクノロジー

宇宙を形成する基本的な粒子は、量子力学的な様式をみせます。 量子力学的アプローチでそれらを効率的に研究することが量子コンピューティングにつながり、これは演算能力を大幅に向上させるために重ね合わせともつれを使用しています。 設計における量子特性の活用により、安全性の高い通信リンクと非常に優れたセンサーも作成されます。

物理学者は、数量子ビット(キュービット)の量子システムで高性能を実証しています。 今や、課題は有用な計算のためにこれらのシステムをスケーリングすることです。 キーサイトは、正確な同期化と柔軟なFPGAベースの信号生成ならびにデコードを備えた高品質で拡張可能な電子制御システムを介してこの量子革命を可能にします。

800 G

5Gとモノのインターネット(IoT)によりネットワークに流れるデータ量が急増し、データセンターではコンピューティングと性能への新たな要求が生じています。 400 Gトランシーバーがデータセンターで展開されるにつれて、増加する帯域幅の需要に対応するために800 Gの研究が進行中です。 800 Gを使用すると、設計マージンが最小限に抑えられ、標準のテスト要件がとても複雑になります。 テスト時間を節約し、コストのかかる再設計を回避するソリューションを使用して、製造全体の開発サイクルすべての段階で支援が必要になります。

ご要望、ご質問はございませんか。