コネクテッドカー

コネクテッドカーの信頼性とセキュリティーを確保

2025年までには、道路上を走る車はすべて何らかの意味での「コネクテッドカー」になっているはずです。コネクテッドカーは、自動車、通信、モノのインターネット(IoT)が結び付いたものです。現在の自動車に求められるミッションクリティカルな安全性と、互換性のあるマルチベンダーコンポーネントを高い信頼性で連携動作させる必要性を考えると、デザイナーが直面する課題はかつてなく困難になっていると言えます。

コネクテッドカーを動かすための肝となる要素は、キーサイトの得意分野です。キーサイトは、デバイス、システム、アプリケーション、そして車載用ネットワーク全体をゴールに導くためのお手伝いをします。

5Gが導くコネクティビティーの強化

通信技術と最新の自動車技術の急速な融合により、未来の自動運転車を実現する準備が進んでいます。

キーサイトの5Gデザイン/テストソリューション分野でのイノベーションと、自動運転テクノロジーの実現へ注力により、設計と製造の両面で、コネクテッドカーの進歩が次の段階へ到達するときが近づいています。

キーサイトは、お客様の自動車通信システムが問題なく動作することを保証するため、セルラー、LTE、LTEdvanced、無線LAN(802.11p)、Bluetooth、近距離無線通信(NFC)で無線テクノロジーのリーダー企業と提携しています。

お客様の5G C-V2Xデザインをキーサイトの最新テストラボに持ち込めば、キーサイトの専門家がテストのセットアップを支援し、テストのコンフォーマンス基準を満たしつつ市場投入までの時間を短縮することができます。

Vehicle-to-Everything(V2X)

コネクテッドカーは、周囲の車が適切な行動をとれるよう、道路および交通状況に関する情報を共有します。これはV2X(Vehicle to Anything)通信と呼ばれます。

V2Xソリューションの実装がC-V2X(セルラーV2X)経由でも近距離通信(DSRC)経由でも、キーサイトの無線テストソリューションを使えば、コネクテッドカーで使用されるさまざまな種類の無線テクノロジーを検証することができます。キーサイトの強力な携帯電話+Wi-Fiエミュレーションシステムは、携帯電話+Wi-Fiシステム全体のプロトコルシグナリング試験に基づく性能試験結果を提供します。

発生前にサイバー攻撃を特定/予防

現代のコネクテッドカーは走るスーパーコンピューターとなっていますが、そのコネクティビティーが仇となり潜在的なサイバー攻撃に対しては脆弱です。キーサイトは、コネクテッドカーの関連インタフェースすべてに対し侵入(PEN)テストを実行し、業界リーダーがコネクテッドカーの安全性を確保するのを支えます。最新の脅威データベースによる保護に加え、キーサイトの車載用サイバーセキュリティーソリューションは、お客様のカスタムデータベースとも統合することが可能です。

車載用イーサネットテストの検証

車載用イーサネットは、より高速な車載用ネットワークのための新しいバックボーンであり、帯域幅の拡大とレイテンシーの短縮を必要とする自動運転車やアドバンスド・ドライバー・アシスタンス・システム(ADAS)の実現に寄与します。CAN、LIN、MOSTといった従来の低速なネットワークでは、最新のADASやインフォテインメントアプリケーションに必要なデータ伝送速度を実現できないため、車載用イーサネットへの置き換えが急速に進んでいます。

キーサイトの革新的な車載用イーサネットデザイン/テストソリューションを使用すれば、レイヤー1の物理層からレベル7までの上位レイヤープロトコルにわたる業界標準への準拠が容易になります。また、自動車業界のネットワーキングニーズに応えるため、I2C、SPI、UART、CAN、CAN FD、CXPI、SENT、LIN、FlexRay、BroadR-Reach、MOST向けのさまざまなシリアル・バス・テストも引き続き提供しています。

安全で便利な車載用通信テクノロジー

自動運転の実現を支えるテクノロジーについてご覧ください。

自動車とスマートテクノロジーの出会い

複雑なスマート・カー・テクノロジーをテストするための最速の方法を知ることができます。

市場投入までの時間を短縮してリスクを軽減

厳格な安全性要件と厳密なテスト要件は業界の常識です。自動車の通信ソリューションが5Gおよび高データレートのセルラーに移行する中、より速い速度、より少ない干渉、正確なテスト結果はこれまでになく重要です。

プロジェクトスケジュールを加速し、テストラボの機能性と処理能力を拡張しましょう。キーサイトのサービスとしてのテスト(TaaS)と提携して、各種規格と規制要件に沿ったデバッグ/シミュレーションをしましょう。 

コネクテッド・カー・システム、アプリケーション、車載用ネットワークのテストについてご要望はございませんか。