5G、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、VR(仮想現実)、自律運転車といった新しいテクノロジーに合わせて、高速デジタル規格も急速に進化しています。

デジタルデザインの世代が代わるたびに、新しいテスト課題が発生します。高速デジタルデザインのテストは、デザインからシミュレーション、解析、デバッグ、コンプライアンステストまで、製品開発のすべての段階にわたって行う必要があります。キーサイトは、高速コンピューティングインタフェース、データセンター接続、民生用エレクトロニクスのテスト課題を予測し、性能を最適化し、市場投入までの時間を短縮するためのお手伝いをします。

高速コンピューティングインタフェース

ネットワークの高速化には、メモリとシリアルバス通信の高速化が必要です。このような速度の上昇に対応するため、PCIe®(Peripheral Component Interconnect Express)拡張バスの速度は、PCIe 4.0からPCIe 5.0まで進化し続けています。同じことがメモリについても言え、DDR(Double Data Rate)メモリはDDR 4.0からDDR 5.0へと進化しています。シリアルデータ通信の速度を上げるには、すべてのレベルで正確な高速テストが必要です。このような高い速度でのテストには、最新の規格に応じた完全なコンプライアンステストが必要です。

PCI-SIG®、PCIe®、PCI Express®は、PCI-SIGの米国における登録商標またはサービスマークです。

データ・センター・インタフェース

データセンターの速度は、ネットワーク内のコンピューティングと性能に対する需要の爆発的増加に対応するため、100ギガビット毎秒(Gbps)から400 Gbpsへと急速に移行しつつあります。400GEを可能にするために、4レベルパルス振幅変調(PAM4)などの多値信号変調技術が用いられます。データセンター内部とデータセンター間の両方に、スケーラブルで信頼性の高い高性能の相互接続が必要です。キーサイトは、高速デジタル相互接続を次のスピードクラスにシームレスに移行するためのお手伝いをします。

民生用エレクトロニクス

5GとIoTにより、スマートフォン、タブレット、パーソナルコンピューター(PC)、ホーム・エンターテインメント・システムなど、何十億台もの新しいデバイスが、これまでよりはるかに高速にネットワークに接続できるようになります。民生用エレクトロニクス向けのインタフェースの設計には、次世代高速デジタル規格を使用する必要があります。世代が代わるたびに、新しいテスト課題が発生します。モバイル・デバイス・インタフェース用のMIPI(Mobile Industry Processor Interface)、デジタルオーディオ/ビデオ用のHDMI(High Definition Multimedia Interface)、さまざまな民生用エレクトロニクスに対応したUSB(Universal Serial Bus)のどの規格を使用する場合でも、キーサイトはデバイスの品質と性能を確保するためのお手伝いをします。

ご要望、ご質問はございませんか。