Hawkeye: Active Network Monitoring

アクティブ/合成ネットワークパフォーマンス監視でユーザー体験を管理

この製品をすでにお持ちですか? テクニカルサポートにアクセスする

問題を未然に防ぎます。 Hawkeyeで防止します。

ネットワークは常に変化しています。 SD-WAN、5G、およびエッジコンピューティングは、お使いのネットワークの状況、挙動状態、および反応の迅速さに影響を及ぼします。 ユーザーは、市町村、国、および大陸にまたがっています。 ただし、お客様や従業員がクリティカルアプリケーションへのアクセスを24時間求める場合、サービスの不具合により、商品化に遅延を生じさせ、顧客ロイヤルティが危うくなり、競争優位に影を落とす可能性があります。

次世代ネットワークには、最先端のパフォーマンス監視が求められます。 ネットワークオペレーションチームが Keysight Hawkeye に信頼を寄せ、サービス品質(QoS)を維持し、悩みを抱えることがないのはそのためです。

アクティブネットワーク監視プラットフォームであるHawkeyeでは、次のことが行いやすくなります。

  • リアルタイム QoS 監視でユーザー体験を管理
  • パフォーマンス上の問題を積極的に検出、診断および修正
  • リアルタイムでネットワークトラフィックのシミュレーションを行い、デプロイメントを検証
  • コアからエッジまで分散ネットワークを監視
  • 不具合を順次可視化して高速でトラブルシュート

測定が重要

ネットワーク監視アイコン

アクティブ QoS監視

ユーザー体験をリアルタイムで監視し、お使いのネットワークの条項を逸早く知ります。 アクティブ QoS モニタリングで、問題を先行して特定およびより速くトラブルシューティングすることで、アップタイムを最大化できます。

Wi-Fi監視アイコン

Wi-Fi監視

モビリティの急成長、各自デバイスの携行、およびモノのインターネット(IoT)では、最適な Wi-Fi 接続が利用できるかどうかの確認が求められます。 Haweye が不具合や問題点をユーザー体験に影響を及ぼす前に検出できるのは、そのためです。

ウェブとアプリケーション監視アイコン

ウェブとアプリケーション監視

ワークフォースは、これまで以上に分散されています。 Haweye が、ローカルおよびクラウドベースサービスへの均質かつ高品質なアクセスを保証することで通信、調整、およびコラボレーションをしやすくするのは、そのためです。

クラウド監視アイコン

クラウド監視

クラウドホスティング インフラストラクチャは、お使いのネットワークを超えてクリティカルトラフィックを送信し、SaaS アプリケーションに到達します。 Haweye では、クラウドの可視化を高め、アクセス問題を先行して検出、トラブルシューティング、および修正します。

アクティブ監視とは何ですか?

ネットワークパフォーマンス問題に正面から取り組み、反応しない

ビジネスがピークパフォーマンスに依存している場合、監視ツールが問題を検出するのを待つ余裕はないでしょう。 先行して対応する必要があります。 アクティブ監視(別称 合成監視)がその真価を示すのは、そのためです。

このショートビデオを視聴し、先行対応のビジネス価値を確認してください。

機械学習でクラッターを切り抜ける

ネットワーク運用チームは、ネットワークやアプリケーションの生データの量と速度が増加し続ける中、パフォーマンス指標と実際のネットワーク問題を関連付けることに苦労しています。 多くの場所からあまりに多くの情報が入ってくるため、すぐに作業が過負荷状態になります。

そのため、Hawkeyeは機械学習を利用して、ネットワーク運用チームが複雑化するネットワークを理解できるようにしています。 しきち値外れおよび異常値を自動的に検出するにより、Hawkeye はクラッターを切り抜け、潜在的な問題を速やかに通知します。 異常値ダッシュボードでは、速やかなドリルダウンと原因分析が可能となり、柔軟な感度基準により、特定のしきい値に合わせてアラートをカスタマイズできます。

Skype for Business 認定

はじめる 今すぐ

Hawkeye を 30 日間無料試用。

コスト高に驚かないために。 その問題を防ぐプラットフォームでネットワークパフォーマンスモニタリングを次のレベルに引き上げましょう。 トライアルをはじめる。手続きは数分で完了。ユーザー体験の向上、より速いトラブルシューティング、そして QoS の改善に向け最初の一歩を

Hawkeye についてもっとみる

注目のリソース

ご要望、ご質問はございませんか。