技術資料

シグナルインテグリティ、パワーインテグリティの問題は、デザインサイクル早期で発見できなければ、リワークコストの増大につながってしまいます。スキュー、反射、クロストーク、EMI問題などシグナルインテグリティの課題や、間欠的な障害はプロトタイプの段階で解決しておく必要があります。ジッタの原因は、PSIJ(Power supply induced Jitter)電源ノイズ起因のジッタや、ボード上のクロック、隣接チャネル信号、トグル動作信号など クロストークが原因である場合が多数存在します。シグナルインテグリティ、パワーインテグリティ解析ソフトウェアは、気が付かなった課題を顕在化し、原因究明のためのデバッグでエンジニアを支援します。

関連製品

ご要望、ご質問はございませんか。