変化のペースについていく

ネットワークがよりソフトウェア中心になるに従って、テクノロジーのイノベーションは5年前には想像もできなかった速さで進化しました。 これはネットワーク機器メーカーに大きな試練を与え、競争で優位に立つために必要な迅速な開発サイクルへの対応に迫られました。 これにより、相次いで製品がリリースされるため顧客、サービスプロバイダ、企業のITマネージャーが混乱するという問題が生じました。

Gartnerの直近のレポートによれば、「2025年までにI&O企業の70 %が、(2010年は10 %だったが)、デジタル・ビジネス・イニシアチブを支援するため組織構造に多様性のあるアプローチを導入するだろう」*と予測しています。

その多様性のある構造の中にはデジタルトランスフォーメーションおよび導入を検証するための継続的なテストオートメーションも含まれているはずです。

アジャイル開発は変化のスピードの加速化を促し、それにより検証や展開のペースも高速化します。

*Gartner デジタルトランスフォーメーションを起こすため新たなI&O組織構造を導入、Mark Margevicius、Duncan Prosser、2020年8月14日

テスト自動化の課題

継続的なテストオートメーションはDevOpsにとって重要です。

テストオートメーション

DevOpsやアジャイルの原則により自動化の向上およびデータ管理の慣習が促進されました。 このような方法は、DevOpsの全体目標である継続的インテグレーション(CI)および継続的デリバリー(CD)を支援する包括的な継続的テスト(CT)を必要とします。

継続的テスト機能は、開発と品質保証(QA)オペレーション全体でラボ最適化とテストオートメーションを統合することで、最適なテストプロセスを実現します。

また、再現性のある環境を共有することで、簡単に拡散できる組織の知識を構築します。 これにより開発-QAワークフローは統合され、生産性が飛躍的に向上します。 最終的にテストラボ環境およびテストプロセス全体を最適化することができます。

DevOpsでの継続的テスト

Gartnerは2020年のインフラやオペレーションに影響を与えるトレンドの第一位にオートメーションアーキテクチャーが必要不可欠になることだと挙げています。

「デジタルビジネスをサポートするため、I&Oリーダーたちは想定外の需要を計画し、予想可能なクオリティーを実現し、単純により少ないリソースでより大きな成果を挙げる必要があります。そのため急速にオートメーションがチームにとって欠かせない成功要因となっているのです*」

これはデジタルビジネスを行うネットワークをテストする目的で作られたテストラボもこのトレンドに関係しているということを意味します。 テストチームはテストオートメーションの導入によってより効率的に働き、スクリプト技術をCD/CI/CT/CDプロセスの全段階に活用しなければなりません。

*Gartner 2020年インフラとオペレーションに影響を与える10のトレンド Ross Winser、David Cappuccio、2020年4月14日

DevOpsはLabOps次第

テスト自動化の課題

変化のスピードにより、テストチームは組織の運用目標とビジネス目標を達成するために、進化することやスクリプティングによる自動化の受容を余儀なくされています。 しかしテストベッドのセットアップや解体が依然として手動で行われている限り、テストの自動化だけでは不十分です。

特定のテストシナリオのために設計され、変更されることのないテストベッドを常設すると、ラボの機器の利用率が低下します。 他のシナリオのテストが必要になった場合、このような静的なテストベッドはほとんど役に立ちません。 つまり、固有のテストシナリオごとに個別のテストベッドが必須になってくるのです。

手動で構成する動的テストベッドは、テスト実行のたびにセットアップに時間がかかり、セットアッププロセス中に人為的エラーが発生しやすくなります。 そしてテストベッドのセットアップにかかる時間はテストの実行にあてることができたであろう機器のアイドル時間となります。

ソリューションは、テストケースの自動化と共にラボ運用を自動化することです。 ラボの運用および管理ソリューションを使用することで、測定器の利用率が向上し、全体的なテストサイクルが短縮され、人為的ミスや測定器の消耗による遅延が解消されます。

継続的なテストについてエキスパートにぜひご相談ください

テストを高速化して、効率をアップします。 TaaS (Testing as a Service)は、自動化された、高速で正確かつ再現性のある製品テストを実施します。 テスト機器への投資を最小限に抑えながら、ネットワークへの投資を最適化できます。

TaaSの利点と特長:

  • 業界をリードするテスト機器へのアクセス
  • 必要に応じて専門的評価(設備投資対運営費)を容易に経費計上
  • 実証済みで再現性のあるテストプランと方法
  • 経験豊富なテスト専門家が企業の技術担当者を支援
テスト自動化の課題

ご要望、ご質問はございませんか。