ガートナーの予測によれば、2050年までに世界人口の約70 %が都市の住民になる見込みです。このような成長に対応する方法は、スマートシティー以外にありません。

スマートシティーは、シームレスな接続の仕組みを通じてモノのインターネット(IoT)を現実化することで、生活の質を改善し、経済成長を刺激し、持続可能な方法で資源を管理し、環境汚染を減らすことを可能にします。これは単なるビジョンではありません。韓国ではすでにスマートシティーが1つ実現しており、他の場所でも計画が進められています。急速に現実となりつつあるのです。スマートシティーのビジョンを現実にするために、キーサイトがお手伝いします。

最適化するIoTスマートシティー用デバイス

スマートシティーでも他のIoTアプリケーションでも、中心的役割を果たすのは物理デバイスです。何万台ものIoTデバイスが必要になるでしょう。デバイスは消費電力が小さく、優れた性能を発揮し、干渉に耐え、高い信頼性を持つ必要があります。

キーサイトのテストソリューションは、IoTデバイスの開発ライフサイクル全体に対応しており、IoTデザインの消費電力、RF性能、相互運用性の完全な最適化を実現しながら、製品の市場投入までの時間を短縮するために役立ちます。

無線コネクティビティーの確保

スマートシティーでは、すべてのIoTデバイスとインフラの間の無線接続を、いつでもどこでも確保することが不可欠です。このコネクティビティーは、シームレスで、信頼性が高く、高品質の音声サービスとデータサービスの両立させる必要があります。スマートシティーのIoTデバイスは、多くの場合にロー・パワー・ワイド・エリア・ネットワーク(LPWAN)上で動作するようになり、これには独自規格とオープン規格の両方のオプションがあります。このようにさまざまな無線コネクティビティーテクノロジーが用いられることで、スマートシティーで動作するIoTデバイスのデザインとテストには困難さが生じます。.

キーサイトのスマートシティーIoTテストソリューションを使えば、実環境条件でLPWAN無線通信をテストすることで、消費者の期待に応える優れた性能を実現できます。

ネットワークのテストとセキュリティー確保

ネットワークはスマートシティーのバックボーンの役割を果たします。その性能と容量の限界は重要な意味を持ちます。キーサイトのテストソリューションを使えば、ラボ内で実際のトラフィックを使用してテストすることで、この限界を押し上げることができます。もう1つ重要なのは、ネットワークのセキュリティーです。

スマートシティーを実現するには、ハイブリッドネットワークとIoTデバイスの複雑な相互作用が必要です。これは全体のハブの役割を果たす中心的なスマートグリッドとして動作します。これらの相互接続された機器が1つのネットワーク上に存在するために、ハッカーにとっては格好のターゲットになります。キーサイトのネットワークモニターソリューションを使えば、インフラとデバイスのセキュリティーを確保して、家庭からスマートフォンまでのスマートシティーのすべての要素を保護できます。

キーサイトが拓く最先端

Smart Cities』には、スマート・シティー・テクノロジーの開発に関わる重要な問題の詳細な分析が記されています。この本は、「ビジョンと現実」、「テクノロジーと規格」、「交通に関する検討事項」、「インフラと環境」の4つの主なテーマのセクションから構成され、スマートシティーに関連するアプリケーション、テクノロジー、規格といった問題を扱います。

キーサイトは、「モノのインターネット:スマートシティーの神経系」という章を執筆しました。

IoTデバイス、無線通信、ネットワークのテストについてご要望はございませんか。