モノのインターネット(IoT)によって、私たちの無線通信デバイスの設計およびテストの方法が大きく変わりました。 テストはより複雑で時間がかかるようになりました。 エンジニアは消費電力、インターコネクト規格、熱効果、およびデバイス全体の性能に取り組む必要があり、 IoTデバイスメーカーは新しく設計した製品を現実的な、大規模な条件で検証しなければなりません。 Keysight IoTソフトウェアソリューションを使用すれば、実用的な結果を作成する現実に即したテストシナリオを提供し、信頼性の高いデバイスを構築します。 IoTデバイステストを高速化および自動化し、解析までの時間を短縮するソフトウェアでお客様のIoTイノベーションを加速します。

IoTソフトウェアソリューション Keysight - KS833A1B イベントベースのパワー解析ソフトウェア

イベントベースパワー解析

Keysight KS833A1Bイベントベースパワー解析ソフトウェアは、電力消費の隠れた原因を明らかにすることでデザインの弱点を明確にします。 このソフトウェアはデバイスの重要なRFおよび非RF関連イベントを消費電力と自動的に相関させ、消費電流の最も多い部分を特定します。 この自動測定および監視スイートで、バッテリー寿命の予測の簡素化が可能になります。

狭帯域IoT測定アプリケーション

キーサイトのXシリーズ測定アプリケーションでお手持ちのシグナル・アナライザを機能拡張し、精度を高めインサイトまでの時間を短縮します。 移動体通信および無線接続アプリケーションの特定の作業に不可欠な測定を明らかにします。 狭帯域IoT(NB-IoT)およびエンハンスト・マシン・タイプ通信(eMTC)向けXシリーズ測定アプリケーションを使用すれば、トラブルシューティングを簡単にする直感的なデータ表示やカラーコード化された測定によりお使いのIoTデバイスの性能をより詳細に解析することが可能です。

IoTソフトウェアソリューション Keysight - 狭帯域IoT測定
IoTソフトウェアソリューション Keysight-キーサイトPathWave BenchVue

測定の制御および自動化

デバイスの電流および電圧を特性評価することはIoTデバイスの真の性能を解き明かすために非常に重要です。 電流アナライザを制御/自動化するIoTソフトウェアでテストを最適化します。 キーサイトのPathWave BenchVueによって測定器の接続および制御を簡単に行うことができます。 テストシーケンスを自動化することで、短期間でテスト開発が行え、従来よりも速く結果が得られます。 素早い測定値の表示、自動テスト作成、およびデータの記録/解析を実現します。

電流波形解析ソフトウェア

オフライン解析を利用することで、波形解析使用率および解析効率を向上します。 Keysight CX3300APPC 電流波形解析ソフトウェアで異常を素早く検知します。 すべての解析機能はパソコン上およびオフラインでもご利用できます。 このソフトウェアを使用すれば測定器無しで測定後の解析作業が可能になり、研究開発の全体的なプロセスの加速を実現します。

IoTソフトウェア-電流波形解析ソフトウェア

ご要望、ご質問はございませんか。