このページの一部のソリューションは、キーサイトの一事業部であるPRISMA Telecom Testingが開発しました。詳細を表示すると、PRISMAのウェブサイトに転送される場合があります。

新しい5G規格と加入者から期待される体験品質(QoE)の実現は、モバイルネットワークの核で始まります。新しい機能には、より高いセル密度が必要になります。新しい無線アクセスネットワーク(RAN)機器の配備では、性能とコストのバランスが重要な検討事項です。キーサイトは、お客様がネットワークの最適化と新しいRANの展開のために最適な意思決定を行えるように支援します。

5Gへの道

5Gの機能は、新しいビジネスモデルや収益源への道を開き、サービスの差別化を通じてユーザー1人あたりの収益を増やす機会を提供します。キーサイトは、ネットワークの最適化と、5G展開の際のリスクの最小化をお手伝いします。

フィールドでの5Gネットワーク・カバレージと品質の検証

ラボでgNB機器とネットワークのテストを完了したら、モバイルデバイスを使用しさまざまな条件にわたってフィールドでテストする必要があります。

キーサイトのNemo Outdoorドライブ・テスト・ソリューションまたはNemo Handy測定ツールを使って、サブ6 GHzあるいはミリ波gNBの品質と能力を測定、解析および視覚化します。Nemoツールは5G NRの最も幅広い主要性能指標(KPI)を提供します。Nemo OutdoorはQualcomm、Samsung、およびHiSiliconのチップセットをサポートしています。Nemo HandyはQualcommあるいはSamsungのチップセットを使ったAndroidスマートフォンで作動します。Nemoポストプロセッシングツールを使って、ビームフォーミングや大規模なMIMOなどの5G固有のテクノロジーを可視化ならびに解析し、より迅速な市場投入を実現します。

5G NRエアインタフェースの特性評価

5Gネットワークはより広い帯域幅、より高い周波数、そしてフェーズド・アレイ・アンテナを使用します。このようなネットワークを配備するには、エアインタフェースの特性評価を完璧に理解できる新しいソリューションが必要となります。RFエンジニアとテクニシャンは、ハードウェアの性能の検証、無線(OTA)での信号品質の測定、および干渉信号の特定をする必要があります。FieldFoxマイクロ波アナライザをベースとした、キーサイトの5G gNBフィールドテストソリューションは、5Gネットワークの設置ならびにトラブルシューティングのオールインワンのツールキットを提供します。

フェーズド・アレイ・アンテナと組み合わせることで、FieldFoxハンドヘルドマイクロ波アナライザは、電磁界での5Gエアインタフェースの測定ならびに解析のための独自のポータブルなソリューションを提供します。複数のビーム幅をサポートする平面フェーズド・アレイを活用することで、このソリューションはチャネルの取得、RFプロービング、S/N比の向上を容易にします。

デバイス受け入れテスト用のネットワークエミュレーション

加入者は自分の機器に頼っています。彼らの体験品質はここから始まりここに終わります。ラボベースのネットワーク・エミュレーション・ソリューションを使用して、デバイスの排出量規制基準に対するコンプライアンス、3GPP規格への準拠、および独自の受け入れテストを評価します。

5Gプロトコル研究開発ツールセットでは多様な世界中のスペクトラム要件に対応できるだけでなく、ミリ波帯でのビームフォーミングやノンスタンドアロンのユースケースを含む高度な5Gプロトコル機能のプロトタイプを、効率的に作成できます。

キーサイトの5G RF DVTツールセットでは、高度なパラメータ化と統合されたテストオートメーションを用いて、RF性能とリモート無線管理(RRM)動作を測定できます。さらに、ビームフォーミング測定を含むRFとミリ波の両方の無線パラメトリック性能に関するフィードバックが提供され、プロトコル指向の無線機能も備えています。

大規模UEエミュレーションによる負荷テスト

モバイルネットワークは、5Gのおかげでトラフィック量の急激な増加にさらされようとしています。この増加はさまざまな形態で起こるので、ネットワークコアはこれに備える必要があります。大量のバースト型マシンタイプ通信が、加入者が要求する広帯域と問題なく共存する必要があります。このような2つの課題に対応できるように、RANおよびコアネットワークを拡張する必要があります。

キーサイトの大規模ユーザー機器(UE)エミュレーションを使用すると、現実に即した加入者とアプリケーションの負荷、セキュリティー上の脅威、動的なモビリティーシナリオを作成してRANをテストできるため、実環境で直面する問題を正確に予測できます。大規模UEエミュレーションによって、4G Long Term Evolution (LTE)拡張パケットコア(ePC)または5G次世代コア(NGC)のストレステストを実行して、ネットワークがどれくらい新しいサービスに対応できるかがわかります。リアルタイムの音声/データのセッションを扱う、数千台の同時処理デバイスを実行するアプリケーションをシミュレートして、ネットワークの性能を検証します。

高速デジタル・コア・トランスポート/スイッチング

5Gネットワークでは、従来のモバイルテクノロジーよりもかなり多くのデータが伝送されます。Cisco社は、IPトラフィックが2016年から2021年まで24 %のCAGRで増加すると予測しています。コア・トランスポート・ネットワークと同様に、スイッチング/ルーティング機器も、長距離とメトロの両方で、非常に高いデータレートに対応して5Gの約束を提供する必要があります。

拡張のためには、コアネットワークの速度の選択が非常に重要です。400ギガビットイーサネット(400G、400GbE)テクノロジーでは、シングル・モード・ファイバーを用いた10 km以上の距離と、マルチレーン電気インタフェースを用いたチップツーチップやチップツーモジュールのような短距離で、高次の変調方式と高速なシンボルレートによって効率的なコアネットワーク速度が実現されます。

データセンターでは、連続時間リニアイコライゼーション(CTLE)とデシジョン・フィードバック・イコライゼーション(DFE)の両方によるPAM-4変調が必要になります。メトロおよび長距離光リンクでは、16 QAMまたは64 QAMのようなさらに高い変調が必要になります。光トランシーバーでエラーのない通信を確保するために必要な特性評価とコンプライアンステストが非常に重要です。既存のテストソリューションがコンプライアンステストに対応し、かつ、それを簡素化できることをご確認ください。

モバイルネットワークのモニタリングと確保

モバイルネットワークは、価値提案を差別化する際の中核要素です。ネットワークのトラフィックフローを理解することは、性能を最適化し、加入者に最高の体験品質を提供する上で重要です。モバイル・ネットワーク・モニタリングには、ネットワークの死角をなくしてネットワーク性能に関する主要な解析を提供する可視的なアーキテクチャーが必要です。

既存のモバイルネットワークで、トラフィックのボトルネックの確認、低速アプリケーションの迅速なトラブルシューティング、移動中のモバイル加入者のモニターのほか、攻撃を受けているかどうかやストリーミング中のNetflixとYouTubeをすべて処理できることをご確認ください。

Verizon社が新しいテスト施設にキーサイトを採用

Verizon社の5Gテスト施設ではキーサイトの無線(OTA)テストソリューションを使用しています。Verizon社は全速力で、5G固定無線広帯域ソリューションを開始する米国初の業者になろうとしています。

小型アンテナ・テスト・チャンバーはミリ波機器の5Gアンテナ/パラメトリック/シグナルテストに最適なエンドツーエンドの遠方界OTAテストソリューションです。キーサイトの5G用測定器に対応していて、トランシーバー、UXMワイヤレステストセット、シグナル・アナライザ、信号源、ネットワーク・アナライザを組み込むことができます。柔軟性の高いソリューションで、小型ながら幅広い周波数レンジ(15~80 GHz)を備えています。

ネットワークの最適化や新しいRANの配備についてご要望はございませんか。