このページのソリューションはキーサイトの一事業であるイクシアによって開発されました。詳細を表示すると、イクシアのウェブサイトに転送される場合があります。

多くのIT部門に求められることは、ビジネスイノベーションのプロセスの一端を担うことです。ではイノベーションに効率的に取り組めているでしょうか?平均的なITチームは1日の半分以上を問題解決やネットワークセキュリティーの問題に費やします。

ネットワークの可視化はネットワーク基盤から始まります。ネットワークの可視化により、隠れた問題(盲点)をより早く見つけて解決することができます。問題が早く解決されることで、ネットワークデザインやネットワークで実行されているアプリケーションのイノベーションに、もっと多くの時間を費やすことができるようになります。

ネットワーク可視性の向上

ネットワーク可視化を向上することで、モニターおよびセキュリティー機器へのデータアクセスとデータ提供の性能が最大限に高まります。
インラインおよびアウトオブバンドのネットワーク可視化のイノベーションが、いかに容易かということをご確認ください。

エンタープライズ向けネットワーク可視化

新しいビジネス環境では、モニター、セキュリティー、コンプライアンス要件など、多岐にわたるITサポートが必要になります。これにより、受信データへのアクセスを必要とする機器が増えることで、ネットワーク性能とネットワークセキュリティーに著しい負荷を生じます。

エンタープライズ向け可視化ソリューションは、以下の項目について役立ちます。

  • ネットワークセキュリティーの向上
  • トラブルシューティングのコスト削減と時間の短縮
  • 規制適合イニシアチブへの準拠

サービスプロバイダー向けのネットワーク可視化

サービスプロバイダーはネットワークへの高い可視性が必要です。そこで、以下のような疑問が日々生じます。

  • トラフィックのボトルネックはどこか?
  • アプリケーションの実行がなぜこんなに遅いのか?
  • セキュリティーに問題があるのか?

これらはすぐに完全な回答が必要とされる深刻な疑問です。可視性のあるアーキテクチャーの展開がいかにネットワークの盲点を除去して、上記のような疑問に答えてくれるかということをご覧ください。

ネットワークモニターの用語についてはよくご存知ですか?

そうでない場合は、用語の意味を知る必要があります。モニター用語のエクスパートになるのは、それほど難しくはありません。実際、ネットワーク視覚性の基礎と同じくらい簡単です。

ネットワーク可視化の事例

ネットワーク可視化で可能なことがわかったら、それを適用できる多数の事例をご覧ください。すべてのソリューションがすべてのネットワークに適用できるわけではありませんが、企業は自社にあったソリューションを少なくとも1つは見つけられるはずです。

一般的なカテゴリーで、可視化ソリューションがどの部分でビジネスの結果を好転させられるかをご覧ください。

  • ネットワークセキュリティーの向上
  • コスト削減機能の提供
  • トラブルシューティング作業の迅速化
  • ネットワークの盲点の除去
  • ネットワーク性能の最適化
  • 規制適合イニシアチブの強化

セキュリティーはネットワーク・ファブリックに組み込まれている必要がある

イクシアのSecurity Fabricは、コンテキストアウェアネスとセキュリティーインテリジェンスを用いて、インラインとアウトオブバンド・セキュリティーおよびモニターツールに、重複を排除した関連性の高いトラフィックを提供します。デュアルデータ処理エンジンで実行されるSecurity Fabricは、より信頼性の高いインラインセキュリティーや高速のアウトオブバンド・コンプライアンスとモニターの基盤となります。

たとえ高速であっても、適切なデータが適切なツールに提供されるためには、完全なデータアクセスや回復力があり、コンテキストを意識したデータ処理やセキュリティーインテリジェンス処理が行われることを確認してください。

セキュリティーを最大限に高め、性能を最適化するために、非常に高い回復力と、完全な可視性を持つアーキテクチャーの構築を支援します。