IoTの5つのCの1つは、IoTの大切な側面であるコネクティビティです。 無線コネクティビティは現在、無線LAN、Bluetooth®、ZigBee®、モバイルネットワーク、および超広帯域ネットワークなどさまざまな手段を通して豊富に提供されています。 導入する無線規格の決定は、往々にしてIoT機器のデザインおよびテストと同様に難しい課題です。 現在のモバイルデバイスのユーザーは、音声およびデータ転送の機能と品質の両面で優れた体感を求めています。

キーサイトのIoT無線通信テストシステムは、モバイル事業者やデバイスメーカーが必要とする厳格な統合、相互運用性、キャリア受け入れ検査の各段階をサポートします。

無線コネクティビティのデザインとテスト

接続性は設計者に新しい課題をもたらします。特にミッションクリティカルなアプリケーションでは、非常に複雑なシステムや密集して配置されたデバイスが、高い信頼性で確実に動作する必要があります。 進化する無線規格は、デバイスの開発やテストをさらに複雑にしています。

キーサイトのソリューションで現在と未来のIoTデバイスのテストに備えましょう。 消費者向けでもミッションクリティカルなIoTデバイス向けでも、設計が製品の仕様を満たしていることに確信をお持ちください。

無線デバイス製造

テストコストを削減し、開発を進め、堅牢で信頼性の高いIoTデバイスを提供する。これらが無線コネクティビティテストの目標です。 テストエンジニアは、毎回ワイヤレス信号を正確に生成および解析するために、スピードと信頼性を伴う、効率的でコスト効率の高い製造ラインの稼働を維持する必要があります。

最新のワイヤレス規格との同期を維持しながら、製造ニーズを満足させるために無線テストプロセスを簡素化および加速します。

相互運用性テスト

無線IoTデバイスの実環境での性能を知ることは、導入と運用を成功させるために不可欠です。 IoTアプリケーションおよびサービス向けに配備されるデバイスの数と密度の大幅な増加などの要因によって、フィールドで期待される性能の低下が生じ、ユーザー体感品質(QoE)の低下★と収益の減少★■Deleted by KeysightJapan■につながります。

IoTデバイスをテストして、現実世界の過酷さに耐え、リスクを制限し、収益を増加させることを保証します。

IoT教育ハブ: 無線通信テスト

消費者の望む快適な無線通信を実現するのは困難な作業です。 そのために必要なのは、直面している課題を正確に理解し、適切なソリューションを選択することだけではありません。 そのソリューションを利用して課題を解決する方法と、最善の測定のためのヒントや手順を知ることも重要なのです。

IoT教育ハブでは、無線通信のテストに関する最新の教育リソースにアクセスできます。 貴重な「ハウツー」情報をダウンロードし、最適化され、適切に管理された信頼できる安全なIoT無線通信システムを確実に実現する方法をご確認ください。

IoTの目標を今すぐ実現するために、キーサイトのIoT教育ハブをお役立てください。

IoT無線通信のテストに関するご要望はございませんか。