IoTデバイスの約50 %は、設立から3年未満の企業によって供給されています。十分にテストされている製品も多くあります。しかし、そうでない製品の場合は、動作が不安定だったり、悪質な挙動でネットワークを停止させたりするおそれがあります。適切なテストを行わないと、何が起こるか予想できません。

ネットワークの信頼性やトラフィックの耐負荷性能をどの程度厳格にテストしていますか?セキュリティーシステムは、DDoS攻撃、エクスプロイト、マルウェア、ファジングなどの送信に対応できるでしょうか?ネットワークがIoTの要件に応えられることを確認するために、キーサイトは、ネットワークの安全を維持しながら負荷を処理するためのソリューションと専門知識を提供します。

ネットワークの信頼性とセキュリティーの実現

ネットワークはIoTの基盤を提供します。その信頼性とセキュリティーを確保することが重要です。キーサイトのソリューションを使用すると、信頼性とセキュリティーのテストがラボで可能となります。ラボにおいて現実的なトラフィックを使って性能と容量の限界を打破することができます。数十、数千、ときには数百万の接続をシミュレートすることで、デバイスやアプリケーションの不具合がどこで発生するかを確認できます。敷設後には、IoTアプリケーションを継続的にモニターして、セキュアな動作を確認できます。

QoEの測定

IoTの拡大とともに、ネットワークの需要も増加します。ネットワークの拡張方法と、拡張の際のユーザーエクスペリエンスが、IoTの世界規模の普及と成功にとって重要な役割を果たします。最善のユーザーエクスペリエンスを提供するには、厳格なネットワーク品質要件を満たす必要があります。

課題となるのは、利用者のQoE(Quality of Experience)を低下させないように、ビジネスクリティカルなアプリケーションを適切にテストする方法です。キーサイトのソリューションは、お客様のインフラとともに拡大し、ユーザーのQoEを検証するための包括的な性能テストを可能にします。これにより、現実的なアプリケーションテストとQoEモデリングが可能になります。リアルタイムのQoEメトリックを使用することで、ネットワークの劣化をただちに検出し、異常発生個所を特定できます。このスケーラブルで使いやすいソリューションを使用すれば、プロトコルの専門家でなくても、完全なエンドツーエンドのサービス検証を実行できます。

エンドツーエンドのテストの実行

ソリューションスタックのすべての要素が正しく動作し、IoTソリューションが品質要件を満たすことを確認するのは、容易な作業ではありません。LTEや5Gのユーザートラフィックとの共存、さまざまな開発テクノロジー、多数のレイヤーにまたがる機能といった要因によって、IoTのテストのための一貫した戦略の導入が困難になっています。この環境では、エンドツーエンド(E2E)のシステムテスト、すなわちアプリケーションレイヤーの入力信号から物理層測定へ、あるいはその逆のテストが不可欠です。キーサイトのソリューションは、E2Eテストを可能にするクロスレイヤー測定機能を提供します。PCIeのプロトコルレベルのシグナリングを物理層BERTテストソリューションとオシロスコープのどちらでテストする場合でも、これらのソリューションを使えばIoTのシステムレベルの整合性を確認できます。

照明、カメラ、IoTアクション。

IoT教育ハブ:ネットワークとシステムテスト

ネットワークがIoTの要件に応えられるかどうかの検証は、面倒な作業です。そのために必要なのは、直面している課題を正確に理解し、適切なソリューションを選択することだけではありません。そのソリューションを利用して課題を解決する方法と、最善の測定のためのヒントや手順を知ることも重要なのです。

IoT教育ハブでは、IoTネットワークおよびシステムのテストに関する最新の教育リソースにアクセスできます。IoTネットワークの信頼性、セキュリティー、スケーラビリティーを検証するための貴重な「ハウツー」情報を入手できます。

IoTの目標を今すぐ実現するために、キーサイトのIoT教育ハブをお役立てください。

IoTネットワークまたはシステムのテストに関するご要望はございませんか。